結婚式で新郎の友人としてスピーチするときのポイントは?

yuujinn supiti
友人に結婚式のスピーチを頼まれた場合、何を話せばいいか分からなくて困ったりしませんか?

スピーチに場慣れした人はなかなかいませんし、ましてや結婚式のスピーチに慣れた人はほとんどいません。

しかし、友人の結婚式のスピーチの基礎知識と、事前準備さえしっかりしていれば心配ありません。

逆に、基礎知識なくスピーチをしてしまうのはあまりにも危険かもしれません。

どんなスピーチをすればいいのか分からないという方のために、調べてまとめてみました。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチで新郎の友人として話す内容は?

新郎の友人として、結婚式のスピーチで話す一般的な内容はどんなものがあるでしょうか?

お祝いの言葉を終えたら、自己紹介から始まります。

スピーチの導入部分で新郎との関係が分かるような自己紹介がいいです。

会場にいる皆があなたと新郎の関係を知っているわけではありません。

いつからの付き合いなのか、どのような友人関係かなどについて軽く触れましょう。

そして、友人の人柄が分かるようなエピソードを盛り込みます。

感動する話にするのか、盛り上がる話にするのか、方向性を考えて友人の人柄の良い部分が分かるようなエピソードをチョイスします。

新郎とあなただけのエピソードだけではなく、新郎と新婦についてあなたが知っているエピソードに触れてもいいかもしれません。

最後に、未来に向けた話をしましょう。

結婚後の生活に対するお願いや展望など、明るい未来が見えるようなメッセージを入れてください。

最後に結びの言葉として、もう一度お祝いの言葉を述べます。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチで新郎の呼び方は?

普段、新郎のことをどのように呼んでいるでしょうか?

普段通りの呼び方でいいのか、それとも「~さん」をつけるべきなのか、悩みますよね。

普段「~さん」や「~くん」をつけずに呼び捨てにしているなら、そのままの呼び方で問題ありません。

親しい友人という立場でスピーチをしていますから、「~さん」は必ずしも必要ではありません。

むしろ他人行儀な印象を与えてしまいます。

普段「~さん」で呼んでいる、もしくはあだ名で呼んでいる場合、「普段の呼び方ですので、そう呼ばせていただきます」とスピーチの中でことわっておきましょう。

スピーチでは、普段の温かみのある関係を伝えることが大切ですから、普段の呼び方が一番です。

新郎が学生時代からの友人だった場合、あえて学生時代のあだ名で呼ぶとより感動的なスピーチになるかもしれません。

どのようなスピーチにするか、友人とはどのような関係かによって合わせていきましょう。

結婚式のスピーチだからと肩に力を入れ過ぎず、温かみのあるスピーチをしたほうが喜ばれるようです。

結婚式のスピーチで新郎に向けての例文

ただいまご紹介に預かりました○○と申します。

ご結婚、おめでとうございます。

並びに、○○家・○○家のご両家のみなさま、まことにおめでとうございます。

新郎の○○さんとは、高校時代からの友人です。

普段、○○と呼ばせていただいておりますので、今日も○○と呼ばせていただきます。

高校時代の思い出の中には、いつも○○の姿があります。

家も近く、同じサッカー部で活動をしていたため、高校時代のほとんどを○○と過ごしたのではないでしょうか。

○○は、一見おちゃらけていますが芯の強さは誰にも負けません。

サッカー部の試合で強豪校と対戦した時でも、最後まで諦めずにいたのは○○でした。

そんな○○がいたからこそ、みんな部活に青春を捧げることができたのかもしれません。

共に青春時代を過ごした○○は、今でも大切な友人です。

そんな○○が選んだ△△さんは、素敵な方に違いありません。

お二人なら、必ず明るく暖かな家庭を築けると確信しています。

以上を持ちまして、お祝いの言葉とさせていただきます。

皆さまご清聴いただきありがとうございました。

本当におめでとうございます。

まとめ

大切な友人にスピーチを頼まれても慌てず、スピーチの内容を考えましょう。

スピーチは早口になり過ぎず、いつも友人とお喋りをするようにリラックスをして話すのがコツです。

緊張せずに、肩に力を入れずにスピーチをすると良いスピーチになります。

会場の人たちに、新郎の友人としての絆が見えるようなスピーチにしたいですね。

さあ、これでもう怖いものなしの結婚式のスピーチ、いつ友人にスピーチを頼まれてもどっしり構えていきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA