結婚式で新婦の幼馴染としてスピーチするときのポイントは?

yuujinn supi2
幼馴染の結婚式のスピーチ、断るわけにはなかなかいきませんよね。

でも、何を話したほうがいいのかわからなくて途方に暮れていませんか?

幼馴染のことをスピーチの中ではなんと呼べばいいのか?

「~さん」をつけなくてはいけないのか?

できれば幼馴染だからこそできるスピーチをして、会場を感動させたり笑わせたりしたいですね。

そんな方のために、幼馴染の結婚式でのスピーチについて分かりやすくまとめてみました。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチで新婦の幼馴染として話すには

幼馴染だからこそできる、スピーチの内容ってなんでしょうか?

それは、幼馴染しか知らない過去のエピソードです。

そして、幼馴染だからこそ分かる新婦の人柄の良いところも。

それらを盛り込んだスピーチの内容ができるのは幼馴染ならではです。

スピーチは、まずお祝いの言葉と自己紹介から始まります。

新婦とどのくらい長い関係で、学生時代を共有したとか、2人の関係にいて触れましょう。

あくまで新郎新婦のためのスピーチですから、自己紹介よりも幼馴染である新婦が中心になるような内容にしてください。

会場の中にいるあなたを知らない人でも、あなたと新婦の関係が分かればこれからのスピーチにより感動することができます。

そして、幼馴染である新婦のエピソードや、新婦の人柄について話します。

最後に、締めの言葉とお祝いの言葉で終わりにします。

スピーチの内容は事前に作りこむことが大事です。

幼馴染である新婦とのエピソードを思い出して、結婚式のスピーチにふさわしいものをピックアップしましょう。

また、新婦の人柄の 良い部分をピックアップして書き出して、まとめてみましょう。

思い出のエピソードと、新婦の人柄の良い部分さえ決まってしまえば、スピーチの内容は簡単に作ることができます。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチで新婦の呼び方は

結婚式のスピーチと言うと、「~さん」をつけて個人を呼ばなければならない気がしますよね。

しかし、幼馴染としてスピーチをするのですから「~さん」をつけて新婦を呼んでしまうと冷たい印象になってしまいます。

ですから、いつも通りの呼び方で構いませんし、そのほうが良いスピーチになります。

どうしても気になるという方は、いつも通りの呼び方で呼ぶことをスピーチの中で断っておくと良いですよ。

また、ニックネームがある場合は、ニックネームで呼んでもいいか新婦本人に確認をしたほうがいいかもしれません。

また、本人の名前と離れたニックネームの場合、会場の聴衆が混乱をしてしまわないように必ず「このように呼ばせていただいているので、今日もそう呼ばせていただきます」と断りを入れたほうが良いですね。

ニックネームの由来や、いつからのニックネームなのかなどに触れると2人の関係がより鮮明に見えてきます。

ニックネームを使ったスピーチはより、2人の関係が近いスピーチになります。

したがって、聴衆に語り掛けるというよりは幼馴染の新婦に直接語り掛けるようなつもりでスピーチをしましょう。

結婚式のスピーチで新婦に贈る例文

ただいまご紹介に預かりました○○と申します。

□□さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。

□□さんのことは、いつも「さっちゃん」と呼ばせていただいておりますので、今日もそう呼ばせていただきます。

さっちゃんとは小学生の頃からの仲になります。

小学生の頃、さっちゃんは周りよりも大人っぽい女の子でした。

身に着ける物もおしゃれで、クラスの注目の的でした。

私はそんなさっちゃんに憧れを抱いていました。

さっちゃんと仲良くなったのは運動会の日、一緒にお弁当を食べたのがきっかけです。

お弁当のおかずを交換しながら食べたのが、さっちゃんとの最初の思い出です。

今思い出しても、昨日のことのようにさっちゃんのお弁当のハンバーグの味が思い出せます。

さっちゃんのお母さん、また作ってくださいね。

私たちは同じ中学、高校へと進学をしました。

いつもぼーっとしていた私の横に、しっかり者のさっちゃんが居てくれたから安心して学生生活を送れました。

さっちゃんに支えられた学生生活と言えるかもしれません。

さっちゃん、これからは△△さんを支えてあげてくださいね。

△△さん、さっちゃんと明るく楽しい家庭を築いてください。

ご結婚、本当におめでとうございます。

ご清聴ありがとうございました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切な幼馴染の結婚式を感動的なものにするために、スピーチは重要な意味を持ちます。

しかし、緊張をする必要はありません。

必要なのは幼馴染としての実直なスピーチなのですから。

どうしても良いエピソードなどが思い浮かばない場合は、幼馴染である新婦と打ち合わせを兼ねて思い出話をしてもいいかもしれません。

あえて今時間を共有することで、過去のエピソードが鮮明によみがえります。

ぜひ、素晴らしいスピーチをして心に残る結婚式にしてください。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA