結婚式のスピーチの上司が話す内容でグッとくる文例は?

jyosi supi2
上司として部下の結婚式のスピーチを依頼された場合、初めての場合は特に、何をどのように話せば良いか迷いますね。

緊張してしどろもどろになってしまわないためには、事前の準備と練習が何よりも重要です。

それでも、当日緊張しないように特に何に気を付ければ良いのか、またどんな心構えで臨めば良いかをここで検証しましょう。

ポイントさえ押さえれば、あとはリラックスしてスピーチするだけです。

備えあれば患いなしですね。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチで上司が話す文例

先ずは、聴衆に向かって一礼し、お決まりの祝辞から始めて、自己紹介をします。

会社名や役職を明確にする事で、自分の立場を来賓の方々に伝える事が出来ます。

「〇〇君〇〇さん御結婚誠におめでとうございます。

また、御両家の御親族の皆様にも心から御祝いの言葉を申し上げます。

私は〇〇君の会社で△△として働いている〇〇と申します」

次に、本文となるスピーチを話します。

ポイントは、後の項目で紹介する内容を元にスピーチを考え、それを聞きやすい声で話す事です。

下を向いていたり、メモを見てばかりだと聞きづらくなります。

最初と最後は暗記して、出来るだけ前を向いてスピーチしましょう。

最後に、はなむけの言葉と、結びの言葉を簡単に述べてスピーチを終えます。

「これからも末永く、幸せな家庭を築いて行ってください」

「お二人の幸せをお祈りして、私からの挨拶とさせていただきます」

「本日は誠におめでとうございます」

最後に、もう一度一礼して、拍手のタイミングを分かりやすくするのもマナーの一つでしょう。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチで新郎の上司として話す場合のポイント

新郎の上司としてスピーチを依頼されている場合、どんな点に気を付けて話す事が出来るのでしょうか?

人柄はもちろん、一家の頭として守るべきものが出来た責任感と幸福を実感出来るようなスピーチは喜ばれるかもしれません。

①大黒柱として期待出来る人柄

「パソコンに関しては彼の右に出るものはいないほど、会社では有能な部下として私を支えてくれています」

「責任感が強く、頼もしいお人柄はきっと〇〇さんにとっても心強い存在になる事でしょう」

②婚約後に変わった点

「飲みに誘っても、また今度と言われる事が多くなり、もしかしたらと思っていましたが、やはり素敵な〇〇さんと時間をお過ごしだったようです」

「ある時、真剣な表情で何か検索している彼を見かけましたが、あれは婚約指輪の選定をしていたのですね」

③アドバイスとなる点

結婚生活の先輩として、上司ならでは出来るのが夫婦生活のアドバイスです。

「家庭円満の秘訣は、相手を気遣う心です。

〇〇さんが元気がない時は、ただ話を聞いてあげてください」

「子供が出来たら、子育てに忙しくて二人の時間がなかなか取れなくなってしまうかもしれません。

でも、たまには二人だけでデートに出掛けてくださいね」

結婚式のスピーチで新婦の上司として話す場合のポイント

新婦の上司としてスピーチを依頼されている場合、気を付けたいポイントは以下のような点です。

例文を参考に、具体的なシーンを紹介したり、前向きなはなむけの言葉を含めると喜ばれます。

①人柄

性格や仕事の勤勉さ

「ある時、残業をして後輩を手伝う姿を見かけて、優しい方だと拝見しました」

「仕事をする時の〇〇さんは真剣そのもので、いつでも後輩たちの良いお手本です」

②人気

会社での様子

「笑顔がステキなので、取引先には〇〇さんのファンがたくさんいます」

「仕事の後に友人たちとカラオケに出掛ける時は、とても明るく楽しそうに出社していました」

③期待している事

「持ち前の明るさで、楽しい家庭を築いてくれる事と期待しています」

「御主人をしっかり支えるパートナーになられる事と思います」

タブーなスピーチは以下のようなものです。

・上司本人の事を言い過ぎる。

・練習していないため、しどろもどろ。

・長い。(5分以内が望ましい)

・あいまいな事を話す。(~らしい。~みたいです。など)

ですから、事前に時間を取って、スピーチに含めたい事を確認しておく事は必須と言えますね。

良い準備と練習で、心に残る良いスピーチに仕上げてくださいね。

まとめ

上司として、来賓や新郎新婦にグッとくるスピーチは、事前の準備と練習なしでは成し遂げられないと言えます。

5分も人前で話すのはかなりの努力が要ります。

でも、あなただから選ばれた事を誇りに思って勇気を出してやってみてください。

そして、本番ではしっかりと胸を張って、堂々とスピーチをする事であなたのスピーチはさらにまた格高いものとなる事でしょう。

良いスピーチは結婚式のその後を左右する事にもつながるので、真摯な姿勢でバシッとカッコ良くキメて、新郎新婦を温かいスピーチで祝福しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA