梅雨にむくむのは何故?原因と対策を知って乗り切ろう!

tuyu mukumi
「なぜか梅雨にむくみが気になる…」

「梅雨になってから太った気がする…」

実はこんな悩みを持っているのはあなた一人ではありません。

梅雨になるとなぜ太ったり、むくんだりするのでしょうか。

原因と食べ物で出来る対策をまとめました。

スポンサードリンク


梅雨にむくみがでる原因は

① 気圧のせい
梅雨の時期になると低気圧という言葉をよく耳にしますね。

低気圧が続くと、体内の血の巡りが悪くなります。

普段は細胞にある余分な水分を

血液が運んで排出してくれるのですが、

血の巡りが悪いとそれが上手くいかないため、

体に水分が滞り、むくんでしまうのです。

②湿気のせい
梅雨時期は雨が続いて、外に居ても部屋の中にいても

湿度が高く空気がじめじめしていますね。

汗をかいたときに、空気が湿っていると、

汗が蒸発しにくくなるため、

それを察知して体が汗をかかなくなります。

普段体は汗をかいて体温調節をしているのですが、

それをしなくなるため体内の水分が体に滞り、

むくみが発生するのです。

スポンサードリンク


梅雨にむくみで太ることがある

「梅雨になったらむくむし、なんだか太った気がする…」

そう感じている方も多いのではないでしょうか。

実は梅雨は「梅雨太り」なんて呼ばれるくらい

太りやすい季節でもあるのです。

梅雨になぜ太りやすいかというと、

先に説明したように梅雨は湿気が高く、

汗で水分を排出しにくくなります。

そうすると、下半身に水分が溜まり「水太り」した状態になります。

更に梅雨特有の冷えや、

夏を目の前にして冷房を付けた部屋に長い時間いると、

体が冷えて代謝が下がります。

代謝が下がることで、エネルギーが消費されにくくなり

太ってしまうのです。

実はこの梅雨太り、普通のダイエットではあまり効果がありません。

滞った水分を体の外に排出しやすくするということを念頭に置いて

こんな対策をしてみてはいかがでしょうか。

【梅雨太り対策】

・汗を体が出せる環境にするために除湿機をかける

・血の巡りを良くするためにマッサージをする

・体を冷やさないようにする

・冷房を付けるなら設定温度は27℃に

・冷えを感じる箇所を温める

マッサージをする場所は水分が溜まっている

下半身のむくみやすい場所や、リンパなどが良いでしょう。

次はむくみや梅雨太りの強いミカタ、

食べ物や飲み物などをご紹介します。

むくみ 対策 食べ物

【カリウム】
カリウムが含まれる食品を積極的に

摂ることをオススメします。

カリウムには余分な塩分や水分を、

尿と一緒に体の外に排出してくれる働きがあります。

・パセリ
・里芋
・サツマイモ
・ほうれん草
・にんにく
・たけのこ
・ニラ
・春菊
・そらまめ
・れんこん

おやつにサツマイモ、常備菜にレンコンのきんぴら、

里芋の煮っ転がし、ほうれん草や春菊のお浸しなど

多めに作って毎日食べられれば最高ですね。

【利尿作用のある飲み物を】
余分な水分を体外に出してくれる、

利尿作用のある飲み物も積極的に飲みたいですね。

・温かい紅茶
・ハトムギ茶
・ゴボウ茶
・コーン茶
・タンポポ茶
・どくだみ茶
・黒豆茶

紅茶にはカフェインが含まれていますが、

ほかのお茶はノンカフェインなので、

眠れなくなるのが不安という方にも安心ですね!

【塩分の摂り過ぎには注意!】
むくみがひどいときには、塩分にも気を付けましょう。

塩分は通常、尿や汗と一緒に体の外に排出されるものですが、

多く摂り過ぎると、排出のペースが間に合わず、

塩分を中和するために、体が水分を溜めておこうとするので

むくみの原因に繋がります。

梅雨時の頭痛についての記事はこちら

まとめ

梅雨のむくみにはこんな原因があったんですね。

梅雨は毎年来るものですし、

今年は自分にあったむくみ解消法を見つけて

来年の為に備えましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA