梅雨の熱中症には注意が必要!おすすめの対策方法はコレ!

tuyu
雨でジメジメしているのに、夏に向けて気温が上昇してくる梅雨の時期。

実は、熱中症に注意が必要な季節でもあります。

雨が降って湿度もあるし、注意が必要なのは知らなかった!というあなた。

どうしてなのか、原因は何なのでしょうか?

どんな対策をしたらよいのか、まとめました。

スポンサードリンク


梅雨時の熱中症に注意

どんな原因があるか見ていきましょう。

【気温の急激な上昇】

雨で寒く感じる日と、梅雨の晴れ間などに急に暑くなる日が

交互にやってくる梅雨は熱中症の危険性が高い時期です。

気温の急激な上昇で、体が暑さに慣れていないため、

上手く汗をかいて体温調節ができないことが大きな原因です。

この体温が暑さに慣れていない状態というのがもとで、

梅雨空け直後の熱中症が特に多いそうです。

【湿気が高い】

体は汗で体温の調整を行っていますが、

梅雨で湿気が高い状態だと、汗が空気中に蒸発しにくいため、

体が汗をかきにくくなります。

そうすると、体の中に熱をため込んでしまうことになり、

熱中症に繋がってしまうのです。

【水分を意外と摂らない】
真夏であればニュースで「熱中症に注意!」と

毎日言っていますし、汗をかけば自然と喉が渇くので

「あ~、水分補給しなきゃな~」となりますね。

しかし空気がジメジメとしていると、

暑さを感じても水分を摂ろうという気が起きないもの。

また、梅雨時期は自律神経の乱れが激しく、

むくみや下痢などが引き起こされるため、

あえて水分を摂らないようにしているという方も

多いかもしれません。

この時期も真夏同様、

水分を控えすぎると熱中症のリスクが高まるので、

特に梅雨の晴れ間が覗いた日や、気温が高い日は

水分をポツポツこまめに摂るようにしたいですね。

スポンサードリンク


梅雨の熱中症の症状

熱中症が引き起こされる第一段階が、

必要な水分が体から失われる「脱水」です。

自覚症状がないため「かくれ脱水」なんて呼ばれることもあります。

脱水の状態になると、めまい、立ちくらみ、だるい

汗をかきすぎる、もしくは汗をかかないという状態になります。

体内の水分が損なわれると、血流量と血圧が下がります。

その後徐々に、頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感、集中力の低下、

一気に汗が吹き出てくる、もしくは汗が全く出なくなるなどの

症状が現れ、熱中症に至ります。

酷くなると、意識障害や痙攣、体温の急激な上昇など

命にかかわる危険な症状が出ることも。

「体がなんだかおかしいな~」と

はっきりと体で感じられればいいのですが、

熱中症には自覚症状がない場合もありますので、

体に出る前に事前に対策を打っておきたいものです。

次は具体的な対策を見ていきましょう。

梅雨の熱中症の対策

・こまめに水分を補給する

・塩分(ナトリウムを補給する)

・汗を吸収が良く、速乾性のある服を着る

・外出時には日傘や帽子を着用する

・暑いと感じたら脇の下や首に冷やしタオルなどで冷やす

・適度に冷房や扇風機をまわす

定番のような気もしますが、これらが効果的です。

体が汗をかくときには水分だけでなく、塩分も一緒に消費されます。

塩分が不足すると、手足をつる、しびれなどの症状が出てきます。

この、水分と塩分のバランスが乱れた時に

熱中症にかかりやすくなります。

塩分の補給は梅干しなどの、

塩分とクエン酸、ミネラル分なども

同時に補ってくれるものが良いでしょう。

水分と塩分をバランスよく補給してくれるのは

ポカリスエット、アクエリアス、OS-1などの

スポーツ飲料や経口補水液です。

その場にそのような飲み物がない場合には

1ℓの水に1~2gの塩、砂糖20~40gを加えて

ペットボトルを振って自作したものでも良いそうです。

一気にたくさんの量を摂るというよりかは、

1回あたり150ml~200mlを口に含んでから

ゆっくりと飲み下すイメージで補給するのが良いそうです。

梅雨の時にお腹が痛い、下痢についての記事はこちら

まとめ

年間30~40万人がかかると言われている熱中症。

真夏になってからではなく、

梅雨時期から気を付けておくのが大切なようです。

特に体の小さい子供や、高齢者がいるご家庭は

家族みんなで呼びかけて対策をしておきたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA