梅雨時に洗濯物をパリっと上手に乾かすコツを教えます!

sennpuuki
梅雨で雨が続くと困ること・・・それは、洗濯物がなかなか乾かないこと。

外にはもちろん干せませんし、室内に干すと生乾きの匂いがついちゃったりして、でも洗濯しないといけないし、悪循環・・・。

そんな梅雨時期でも、上手く洗濯物を乾かす方法をお教えしましょう!

スポンサードリンク


洗濯物を乾かすコツは?

洗濯物の生乾きの臭い原因は、ずばり雑菌で、服についた雑菌は梅雨の湿気の中でどんどん繁殖してしまい、洋服が臭くなってしまうのです。

その雑菌さえなくしてしまえば、生乾きの臭いは発生しないので、極力雑菌を増やしてしまわないようにすることが重要です!

そこで、こまめに洗濯をすることをおすすめします。

梅雨の時期は外にも干せず、どうしても洗濯物を溜めがちですが、できるだけこまめに洗濯することによって、一度に干す量も少なく比較的すぐに乾かすことができます。

もし洗濯物を溜め込んでしまうと、そのたくさんの服の中で雑菌が繁殖してしまって臭いのもとになってしまうので、気をつけてくださいね。

また、洗濯機の使い方ひとつにもポイントがあって、いつもの洗濯コースだけでなく、プラス一回の脱水で極力水分をとるとさらに良いですよ。

しかし気を付けなければならないのは、洗濯機の中。

ここにも雑菌は潜んでいるので、洗濯槽の掃除もきちんと行ってから洗濯するとより良いでしょう。

スポンサードリンク


洗濯物を乾かすとき室内で干すときに注意することは

さて、いざ洗濯物を干すとき、室内のどこに干しますか?

よく窓際のカーテンレールを使って干す方も多いと思います。

しかし、外は雨。

窓際はどうしても湿気が多い場所なので、洗濯物は余計乾きにくくなってしまうので、できるだけ窓際は避けてください。

一番おすすめの場所は、お風呂場です。

ここは普段は湿気が多い場所ですが、その分換気扇をつけて湿気を取り除きやすい作りになっているので安心して干せますよ。

洋服と洋服の間隔は、10~15センチ空けて、空気の流れる空間を広く作るようにしてください。

洗濯物を乾かす時間を早くするには

洗濯物を早く乾かすために必要なものは、何といってもつっぱり棒でしょう。

これがなければ始まりません。

お風呂場に間隔を大きく空けて干すにも限界があると思いますが、つっぱり棒を駆使すればたくさん干すことも可能です。

また、お風呂場だけでなく、トイレ、廊下などあらゆるところに設置することができ、どの場所もたちまち洗濯物を干す場所に変身するので、これは必需品ですね。

それでも洗濯物が乾きにくい・・・そんなときは乾きをもっと早くするアイテムを使いましょう。

それは、扇風機です。

こちらは必須アイテムと言っても過言ではないほど活躍してくれますよ!

洗濯物を干した室内に、首振り機能のついた扇風機を置くだけ。

これだけで水分はとんでいき、早く乾かすことができます。

併せて、除湿器もあれば室内の湿気も取り除くことができるので完璧です。

扇風機と除湿器のダブル使用は、エアコンを使うより光熱費も抑えられるので、おすすめですよ。

梅雨の洗濯物の臭い対策の記事はこちら

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

これでもう梅雨のときに洗濯物には困りませんね!

洗濯物はパリッと、気分はスカッとして梅雨を乗り切りましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA