紫外線で目が日焼けしちゃう!コンタクトの人は注意して!

sunglass
海水浴、森林浴、バーベキュー、キャンプ。

夏のレジャーは野外のものが多いもの。

日光を長い時間浴びると

目がシパシパすることがありますね。

目が紫外線に晒され続けると、どんなことが起こるのでしょうか。

スポンサードリンク


目が紫外線で日焼けするとおこる症状

【白内障のリスクが高まる】

目の紫外線対策をせずに、長い間日光の下にいると

ドライアイ、充血、痛み、かゆみなどの原因になることがあります。

紫外線によって目の細胞が傷つけられたことによって

こんな症状があらわれてくるのです。

また、長期間その状態が続くと、白内障にかかりやすくなります。

白内障とは目の水晶体が濁ってしまう目の病気で、

モノが濁って見えたり、二重になって見えてしまうなどの症状があり、

治療するのが困難な病気の一つです。

目の紫外線対策といえば、サングラスが挙げられますね。

サングラスや眼鏡を選ぶときはUVカット加工が

きちんとされたものを選びましょう。

サングラスはなんとなく、

「色の濃いものが、効果が高そうだ」

という気もしますが、実はそれは間違いで、

色によるUVカット率にはあまり違いがありません。

色が濃すぎると暗さを察知して逆に瞳孔が開いた状態になり

逆に裸眼よりも危険な状態になることもあるそうです。

【目を守らないと肌も日焼けする】

5月頃から夏にかけて、徐々に紫外線が強くなっていきます。

肌には日焼け止めで対策をしますが、

実は目が日焼けすると、肌にも影響が出るのはご存じでしたか?

目が紫外線を浴びると目の細胞が傷つけられ、

それを察知した脳がシミやそばかすの原因となる

メラニンを作るように指令を出します。

こうして目が紫外線を浴びると、肌はきちんと対策しても

メラニンを体内で生成しているので、

肌が日焼けしたように黒くなってしまうのです。

スポンサードリンク


目が紫外線で日焼けしたときコンタクトをつけているとどうなる?

【異常を感じたら】
目に何かしらの異常を感じたらコンタクトを外したほうが良いでしょう。

充血や痛み、かゆみというのは目からのSOSサインです。

日焼けで目の細胞が傷ついている状態で、

コンタクトを装用し続けると、

新たなトラブルが起こることがあります。

毎日コンタクトを使っていると、装用時間があることを

忘れてしまいがちです。

装用時間はモノによって違いますがソフトレンズは12時間、

ハードレンズは14時間が目安と言われています。

目への酸素の供給や休息の意味ためにも、装用時間を守りましょう。

【UVカットレンズって効果あるの?】

UVカット機能のあるコンタクトも多く発売されていますね。

黒目を守るという意味では、

UVカットコンタクトは効果があるそうです。

そうとはいっても、メガネやサングラスに比べると

白目の部分は守ってくれないので効果は微々たるものなのだとか。

完璧に対策をするならば、サングラスやUVカットメガネを

かけたほうが効果的なのだそうです。

目が紫外線で日焼けしたときの目薬はどんなものがいいか

・佐藤製薬 ノアールUV 

【第3類医薬品】ノアールUV(15mL)【ノアール】

【第3類医薬品】ノアールUV(15mL)【ノアール】
価格:741円(税込、送料別)

紫外線対策用の目薬は多数ありますが、

こちらのノアールUVは血管収縮剤が入っていないのが

オススメポイントです。

血管収縮剤は一時的に充血を素早くとるという意味では

優れた効果を発揮するのですが、継続的に使用すると

効果が切れたときに充血を引き起こしやすくなることがあります。

目薬は出来るだけ目に優しい成分のものを選び

一日の点眼回数などを用法用量できちんと確認して

正しい方法で使いたいですね。

お子さんが外遊びの時の目の充血についての記事はこちら

まとめ

特に6月から8月にかけては紫外線が強い時期が続きます。

目をサングラスや眼鏡で守る、コンタクトを正しく使う、

適切なUV目薬を選んで使うなど、

対策をきちんとして、健康な目と肌を保っていきたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA