お正月の玄関の飾りはいつからいつまで?処分の仕方は?

syougatu gennkann
クリスマスも終わり、大掃除も済ませてお正月の準備をしようと正月飾りを買ったはいいけど、これっていつ飾るの?いつまで飾るの?どうやって処分するの?

知っているようで実はよく分かっていないということは意外と多いもの。

そこで今回は正月飾りの出し方、処分方法のあれこれについてまとめてみました。

スポンサードリンク


お正月の玄関の飾りはいつから?

お正月の飾りは本来12月13日~12月30日までに飾るのが良いとされていますが、29日に飾るのは「苦(9)が待つ(末)」とされ、31日は「一夜飾り」とされ、

どちらも縁起が悪いので、避けた方がいいようです。

とはいえ13日~25日はクリスマスの飾りも出していますよね。

クリスマスの飾りとお正月の飾りを一緒に飾るのは、なんだか罰当たりな感じがする(と個人的に思います)ので、

クリスマスが終わった26日あたりから、28日までに飾りつけるのが良いでしょう。

ちなみに28日は末広がりで縁起が良い日とされていますので、我が家では28日に飾ることが多いですね。

お正月飾りとしてメジャーなのはしめ縄・門松・鏡餅ですが、鏡餅は床の間(なければリビングの一番目立つところ)に、

しめ縄は玄関扉、門松は門の両脇(門扉がなければ玄関ドアの両脇)にそれぞれ飾るようにしましょう。

正月飾りは新年を迎えた家庭に幸福を届けてくれる「年神様」をお迎えする大切な目印となります。

ぜひ、しきたり通りの縁起のいい日に飾りたいものですね。

お正月の玄関の飾りはいつまで?

こちらは門松・しめ縄と鏡餅では若干しまう日が違うようです。

地域によって様々ですが、一般的には門松・しめ縄は年神様がいらっしゃる「松の内」と呼ばれる期間が過ぎた1月7日、七草粥を食べた後にしまうのがよいとされています。

一方鏡餅は「鏡開き」の日である1月11日に「切る」のではなく(切って解体するのは縁起が悪いようです)木槌や金槌でたたいて割り、その後汁粉などにしていただくのが一般的とされています。

最近の鏡餅はパックになっていて、後ろをあけると小分けになったお餅がたくさん入っている、というのが一般的なので、封を開けてから一度少し乾燥させてから食べるのがよいでしょう。

いずれにせよお正月に年神様が宿った餅をその日に食べることで、無病息災を願います。

ちなみに鏡餅についているの餅以外の飾り物については、7日にしめ縄や門松と一緒にはずしてしまったほうがいいとされていますのでご注意を。

ちなみに地域によっては1月15日や20日に正月飾りをしまうところもあります。

スポンサードリンク


お正月の玄関の飾りの処分の仕方は?

正月飾りの処分は、基本的に旧暦の小正月といわれる1月15日の午前中に、「どんと焼き」といわれる正月飾りを一斉に火にくべる行事が近くの神社や地域の広場などで行われていて、

大きな焚き火が用意されているので、そこで燃やすのが一般的とされています。

また、どんと焼きの火に当たれば、その年一年は無病息災でいられる、といった意味合いもありますので、正月飾りは是非どんと焼きで処分するようにしましょう。

とはいえ、15日の午前中に時間が取れる、という人は現代ではなかなか難しいですよね。

近くに神社がなく、自宅で焼却処分する場合、無造作に捨てるのではなく、きちんとお清めをしてから処分するようにしましょう。

庭など家庭で焼却できるのであれば、お神酒と塩で土を清めてから焼くようにしましょう。

自分で焚き火の出来ない方は、大き目の紙を広げ、左・右・中とお清めの塩を振り、その紙でお正月飾りを包み、地域のゴミの出し方に従い、

必ず他のゴミとは別のゴミ袋に入れて処分しましょう。

まとめ

正月飾りというは、お正月に幸せを運ぶ神様「年神様」を迎えるための大切なアイテム。

神様のために飾るものなので、習わしに従い正しく飾って、気持ちよく素敵な一年を迎えたいものです。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA