自由研究に小学生の工作で割り箸を使った作品がすごい人気!

waribasi
夏と言えば、夏休み!

夏休みと言えば、大量の宿題・・・。

たくさん勉強しないといけない中で、自由研究は自分が決めたテーマで研究していくものですが、なかなかそのテーマも決まらない。

そんなとき、身近なものでできればいいですよね!

そこで、どこのおうちにもある割り箸を使った工作を紹介していきましょう。

スポンサードリンク


自由研究の工作に割り箸を使った作品例

割り箸はどこのおうちにもありますし、お箸本来の役目を終えて捨てちゃうのももったいない。

その割り箸を洗って取っておいて、自由研究の工作につなげれば、費用もあまりかからないしリサイクルにもなりますよね。

それに、あの細い割り箸ですが、意外と色んな作品が作れたりします。

例えば、割り箸は大量に必要となりますが、家も作ることができます。

また、鉄砲や飛行機など、動くものも作ることができます。

やはり作って飾るだけでなく、動かして楽しみたいですよね。

自由研究に割り箸で鉄砲作り

さて、男の子が喜びそうな割り箸鉄砲の作り方を紹介していきましょう。

用意するものは、割り箸3膳と輪ゴム7つ以上とハサミ

割り箸は全て割って、6本にしておきましょう。

まず、1本だけ先端にハサミでくぼみを作っておきましょう。

これは鉄砲の先端部分で、輪ゴムを引っ掛けるところになります。

このくぼみをつけたものと、後の2本はいったん置いといて、その他の割り箸をハサミで切っていきましょう。

コツとしては、割り箸を回転させながらハサミで切れ目を入れていき、指で折るだけです。

これで、短い割り箸1本、中くらいの割り箸2本、置いておいたそのままの長さの割り箸3本になりましたね。

ここから組み立てていきます。

先端部分にくぼみをつけた割り箸を真ん中にして、長い割り箸3本をずらして輪ゴムでとめます。

短い割り箸は引き金になるのですが、これは真ん中の長い割り箸の後ろに輪ゴムでとめましょう。

中くらいの割り箸は逆三角形になるように、短い割り箸の後ろに輪ゴムで取り付けます。

これは手で持つ部分になります。

これで鉄砲は完成です。

遊び方としては、先端のくぼみと引き金にそれぞれ輪ゴムを引っ掛け、引き金を引くと輪ゴムが飛んでいきます。

的を作って射的をするとさらに楽しくなりますね。

ただ、勢いよく輪ゴムが飛びますので、人に絶対むけないこと。

これだけは気をつけてくださいね。

スポンサードリンク


自由研究に割り箸で飛行機を作ろう

次に、割り箸で飛行機を作っていきましょう。

今回は割り箸だけでなく、接着剤、厚紙、ビニールテープを用意してください。

厚紙は

主翼(台形・・・上辺10センチ、底辺20センチ、高さ5センチ)

垂直尾翼(台形・・・上辺2センチ、底辺4センチ、高さ4センチ)

水平尾翼(長方形・・・縦2センチ、横8センチ)

に切り取っておきましょう。

主翼を割り箸のちょうど真ん中にはさみ接着します。

尾翼は、水平尾翼は割り箸で半分になるようにはさみ、垂直尾翼はその上の割り箸に垂直になるように接着します。

飛行機の前方の先端はビニールテープで巻いておきましょう。

これが重心となります。

さて、割り箸飛行機はこれでひとまず完成ですが、本当に飛行機が飛ぶかどうか、広い場所できちんと確認しましょう。

本当に飛ぶかどうかは、飛行機の重心だったり翼の傾きだったり少しの要因で決まりますので、たくさん試行錯誤して、飛びやすい飛行機を作ってくださいね。

夏休みの自由研究で困っているあなたへ。
自由研究に関する全記事は、コチラにまとめています!

 自由研究をテーマにした19記事一覧ページへ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

身近なものを使って自由研究の宿題を終えて、その工作で夏休み後半を思いっきり遊んじゃいましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA