コアラをオーストラリアで抱っこしたい!料金や触る時に注意することは?

koara
オーストラリアといったらコアラとカンガルー!

特にコアラは日本ではなかなかみかけない動物なのでどうせオーストラリアに行くならば絶対抱っこしてみたい動物ですね。

しかし!コアラはオーストラリアでも手厚く保護されている動物なので抱っこできる場所は限定されています。

旅行に行く前に調べておきましょう!

スポンサードリンク


コアラをオーストラリアで抱っこしたい!

オーストラリアの中でも、コアラに触ることができる地区は限定されており、動物園で抱っこ写真を撮ることのできるところも限られています。

コアラ抱っこが出来る州はクイーンズランド州、西オーストラリア州、南オーストラリア州です。

クイーンズランド州の法律では動物園のコアラは一日30分しか労働してはならず、その労働も週に3日と、週で合計すると1時間30分程度で、

他の植物に比べてハイコストのユーカリ以外は食べずに、一日20時間も睡眠をとるという、スーパー売れっ子モデルのような生活を送っています。

驚きですね。

ざっとコアラ抱っこのできる場所を紹介します。

・ケアンズトロピカルズー(クイーンズランド州ケアンズ周辺)

・キュランダコアラガーデン(クイーンズランド州キュランダ村周辺)

・カランビン・ワイルドライフサンクチュアリー(クイーンズランド州ゴールドコースト周辺)

・ローンパイン・コアラサンクチュアリー(クイーンズランド州ブリスベン周辺)

・コフヌ・コアラパーク(西オーストラリア州パース)

・クリランドワイルドライフパーク(南オーストラリア州アデレード周辺)

多くの動物園では何匹かのコアラでローテーションを組んで抱っこ写真を撮っています。

コアラ抱っこが禁止されている地域でも、中には抱っこ写真は撮れなくても、コアラの近くに寄って写真を撮ることができる場所もありますので、事前にチェックしてみましょう。

オーストラリアでコアラを抱っこするとしたら料金は?

手持ちのカメラで撮る場合は無料ですが、プロのカメラマンが撮影してくれる場合は有料です。

私たちが新婚旅行で行ったクイーンズランド州のケアンズにあるケアンズトロピカルズーでは、入場料の33オーストラリアドルの中にプロのカメラマンがコアラ撮影をしてくれるオプションがついていました。

ケアンズにあるキュランダコアラガーデンでは入場料が大人17オーストラリアドル、写真撮影が別途18オーストラリアドルかかります。

スポンサードリンク


オーストラリアでコアラに触る時の注意することは?

コアラ抱っこする際は、抱き方を係員さんに教えてもらえます。

左手をおへそのあたりにパーの状態で固定して、右手をコアラの脇の下に滑り込ませて、手のひらはコアラの腰のあたりにペタンと付けるような感じです。

コアラは神経質な動物ですので、大きな声を出したり動かしたりするのはやめましょう

赤ちゃんをあやすような感じで、上下左右に揺さぶると木が風に揺れたときを思い出して、抱っこしている人の腕に爪を立ててしまうこともあります。

多くの動物園では、コアラを安定して抱っこするために身長制限を設けているところもあります。

大体110~130センチが目安です。

お子様連れのご家庭は、事前に身長制限をチェックしておきましょう。

動物園によっては、フラッシュ撮影禁止だったり、爪を立てられたときの為に長そで着用だったりするので決まった規則に従って抱っこして撮影しましょう。

これは私自身の経験なのですが、写真撮影の際にコアラが下の方を向いていると、上目使いで人相が悪めに写ることがあります。

夫の写真は正面を向いていてクリクリおめめのカワイイコアラなのですが、私の写真はややコアラが下を向いてしまい、眼光が鋭い人のような写りで写真が出来たとき笑ってしまいました。

これは運でしかないのですが、心の中で「カワイイ顔してね…!」と念じておきましょう。

まとめ

動物園で飼育されているコアラはのっそりしていて自由気ままにユーカリを頬張って、子供をポケットに入れたままウトウトお昼寝をする親子の姿を見るとすごく癒されます。

カンガルーやワラビー、エミューなども可愛らしく、動物園は一日居ても飽きないスポットです。

オーストラリアの自然や動物に触れて、楽しい旅行にしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA