読書感想文おすすめの本で小学生に書きやすい絵本もあり?

dokusyokansoubunosusume

読書感想文でどんな本を選ぼうか…

一番は子供が興味を持った本がいいとは思うけれど、興味を持つ本は絵本や漫画本など絵が多いものばかり!

そんな悩みを抱えるお母さん達に小学校低学年向けの読書感想文の本の選び方をまとめました。

スポンサードリンク


読書感想文で書きやすい本【小学生編】

小学校低学年は文字が大きく、絵が多めの絵本でもまだ大丈夫です。

むしろ短い本を繰り返し読んで、あらすじや感想を整理するという意味でも絵本のほうが書きやすいでしょう。

高学年は教科書の物語も長文になってきますし、時間をかけて読むような長編にチャレンジしても良さそうです。

ただ、途中で挫折しないように興味のあるもので、そこまで難し過ぎないものを選びたいですね。

繊細な気持ちも芽生え始めるこの時期は、心の成長を描いたお話もおすすめです。

・【小学校低学年】とくべつないちにち

入学したての一年生や転校を経験したことのある子はははじめて学校に行くときの気持ちを鮮明に覚えていると思います。

初めての学校、初めての友達…。

主人公のアルノの気持ちになって、自分の特別な一日を振り返ることが出来る一冊。

・【高学年】くちぶえ番長

くちぶえ番長 [ 重松清 ]
価格:496円(税込、送料無料)

学校に転校して早々「私、この学校の番長になる!」と宣言する弱いものに優しく、強いものに立ち向かう正義感の強い女の子マコト。

ぼく、弱虫のツヨシ、マコトが友情に恋に、いろんな出来事を通していろいろなことを学んでいきます。

スポンサードリンク


読書感想文に絵本は小学生でもいいのか?

ズバリ読みやすい絵本を選んでも大丈夫です。

特に小学校低学年の場合、文字の羅列を読むのは結構大変なことはもちろん、絵本は絵にそれに対しての感想をスッと持ちやすいので逆に絵本のほうが良いとも言えます。

「高学年で絵本でもいいの?」とも思いますが、実際に高学年向けの絵本として出されているものもあるくらいなのでこれも問題ありません。

絵本を選択して読書感想文を書くときは絵に細かな登場人物の心の描写などが描かれているので絵の内容もしっかり読み取りましょう。

二度、三度とまた繰り返し読むことも大切です。

・一回目 あらすじを理解するために読む

・二回目 物語の主題を掴む

・三回目 自分の思ったことを整理しながら読む

気になったところ、重要だと思ったところに付箋を張り付け、更に作文メモをとるといざ作文を作り始めたときに、内容を整理しながら文章を組み立てられます。

低学年、中学年・高学年におすすめの絵本はこちらです。

・【低学年向け】一さつのおくりもの

一さつのおくりもの [ 森山京 ]
価格:1188円(税込、送料無料)

相手が困っているとき、本当に自分の大事にしているものをあなたは差し出すことができますか?

「おくりもの」をするときの気持ちを思い出しながら親子で読みたい一冊です。

・【中学年・高学年】かあちゃん取扱説明書

かあちゃん取扱説明書 [ いとうみく ]
価格:1296円(税込、送料無料)

女性シンガーの「トリセツ」なんて歌が流行ってますが、こちらはかあちゃんのトリセツの絵本です。

序盤はどこにでもあるかあちゃんの小言からはじまり子供が読むと「あるある~!」ずくめで引き込まれ、

中盤からは、かあちゃんの行動を主人公が観察するうちに普段は見せない姿に徐々に気持ちに変化が起こってきます。

日常生活の中での大切なことを教えてくれる一冊。

夏休みの読書感想文で困っているあなたへ。

読書感想文のおすすめ本や書き方の記事は、小学校、中学校、高校別に一覧でまとめてあります!

 読書感想文をテーマにした7記事一覧ページへ

まとめ

「バッテリー」、「ハッピーバースデー」、「てぶくろを買いに」「100万回生きたねこ」、「ごんきつね」、青い鳥文庫、スニーカー文庫…。

私達親世代が読んだ本が、今の子供に読書感想文で使われているのをみると、なつかしくもあり、「やっぱ名作って色あせないよね~」と親の方が夢中になってしまうこともありますね。

読書感想文で親が手伝えることは限られていますが、親子で読んで対話してみてはいかがでしょうか。

子供の意外な感想を聞いて、新たな発見があるかもしれませんよ!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA