防災頭巾のカバーで椅子の背もたれににつける作り方は?

jisinn6
幼稚園入園、小学校入学のとき、最近増えてきたのが、防災頭巾の準備。

座布団カバーなど必須で用意することが多くなってきましたね。

ここで、防災頭巾のカバーで椅子の背もたれにつけられるようなカバーの作り方を紹介しましょう。

スポンサードリンク


防災頭巾のカバーで背もたれの作り方で簡単な方法

早速、椅子の背もたれにつける防災頭巾のカバーの簡単な作り方を説明していきます。

防災頭巾を二つ折りで入れるとして、一般的な小学校の椅子の背もたれが40cm×30cmなので、カバーはそれをかぶせることができるサイズにしましょう。

まず、同じ大きさの生地(61cm×41cm)を2枚用意してください。

1枚は防災頭巾を入れる部分を作っておきます。

生地の端から30cmのところに待ち針などで印をしておき、生地の裏全体には接着芯を貼っておきましょう。

残りの1枚は、背もたれとフタの部分になりますが、こちらは端から45cmの部分にキルト芯を貼り、23cmのところには印をつけておきます。

ちなみに、キルト芯を貼り付けた部分が背もたれに、それ以外の部分がフタになります。

その2枚の生地を中表にして縫います。

2枚目の背もたれとフタ用の生地は、背もたれ部分になるところのみを縫い代1cmで縫うようにしてください。

縫い終わったら、その縫い台を片側へたたんで、キルト芯が内側にくるように印の部分から折りたたんでください。

ここに、ちょうど椅子の背もたれ部分がきます。

折った部分には待ち針などでとめておいてください。

その上に裏地(76cm×41cm)を重ね、全辺、できるだけ端の方を仮縫いしてください。

フタと逆側の辺はバイアステープをつけますが、これが防災頭巾を入れるところになります。

裏地を内側にして、接着芯を貼った布の印で折ってください。

最後に、フタが角張っているので、丸くするためにカットしてください。

すべてのふちをバイアステープでつつみ、フタを開閉するためにマジックテープを貼り付けてください。

これで完成です!

スポンサードリンク


防災頭巾のカバーの背もたれはキルティングのほうがいいのか?

カバーの生地の種類ですが、キルティング生地を使えば、先ほど紹介した作り方よりキルト芯や接着芯は不要となりますので、さらに簡単に作ることができます。

あまり聞きなれないかもしれませんが、防災頭巾カバーを作る際によくバイアステープを用います。

これはふちの縫い目を隠したり、縁取ることで生地や糸のほつれなどを防ぐことができますが、なくても作成することは可能です。

また、幼稚園入園や小学校入学となると、キャラクターが描かれた生地などを使ってカバーを作成するのも良いアイデアだと思います。

友達作りのきっかけにもなりそうですよね。

さらに、楽天でも売られている『いちばんよくわかるかんたん・かわいい通園通学グッズ』という本も参考にしてみてください!

防災頭巾入れはもちろん、簡単な手さげカバンの作り方や、裁縫に役立つ基礎ページなど、基本からアイデア・バリエーションが豊富なグッズ、作り方がたくさん掲載されていますよ。

とってもおすすめですよ。

防災頭巾のカバーの型紙はどうすればいい?

防災頭巾のカバーの型紙ですが、こちらは特に必要ありません。

防災頭巾が入れば良いのですから、5センチ前後のマチをつければ十分です。

参考に、ブラザーミシンのサイトは防災頭巾のカバー型紙だけでなく、さまざまな型紙がダウンロードできるサイトとなっています。

ダウンロードして使ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

裁縫が苦手な方も、簡単に作れる方法があるので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA