台風の対策で窓ってどうしてる?ガムテープの有効な使い方!

taifuu
毎年夏が近づくと台風の頻度が多くなっていきますね。

万が一、窓ガラスが割れたらどうしようか…

被害が不安で夜も眠りが浅いという方も少なくはないでしょう。

台風が来たときの窓にできる対策を調べました。

スポンサードリンク


台風の対策で窓にガムテープ?

ニュースを見ていると、屋根吹き飛んだり車が横転したりと台風の威力は凄まじいものですね。

正直、何が飛んでくるかは予想もつかないので割れることを完全に防ぐのは難しいかもしれません。

ただ、人がいる部屋のガラスが割れたとき、

破片が体に当たってケガをしてしまうのを防ぐという意味ではガムテープが活躍してくれます。

【ガムテープの貼り方】

ガムテープの貼り方は至って簡単!

内側(部屋の中)からガムテープを窓一面に*のカタチに貼るだけ!

(+か×でもいいですが、心配ならば両方のカタチを一面に貼ります)

【更に心配な方には】

「ガムテープだけじゃ細かい破片が飛び散るし不安…」

という方には防護フィルムもオススメです。

・防犯、飛散防止フィルム

窓が割れた時の対策はもちろん、空き巣による窓からの侵入を遅らせることで防犯にも役立つスグレモノ!

UVカット加工もしてありますので、家の中で過ごすことが多い方の強いミカタですね。

・防護フィルムを貼った実験

実験では金槌で防護フィルムを貼ったものとそうでないガラスを叩き割っていますが、

あるのとないのとでは違いは歴然ですね。

特にお子さんのいるご家庭では衝突したときのことを考えてこれを機に貼っておいても損はなさそうです。

スポンサードリンク


窓にガムテープをはった時の跡をきれいにするには

台風が去って一安心。

ガムテープを剥がそうと思ったら…跡が残ってしかも落ちない!

なんてこともありますね。

そんなときはこんな方法を試してみてください。

・台所用洗剤を塗ってしばらく置いてから布でふき取る
(食用油、灯油、ハンドクリーム、整髪用のムースでも代用可能)

・ドライヤーで温めて剥がす

・マジックリンなどの洗剤で落とす

・ホームセンターで売っているテープ剥がしを使う

・カッターの刃がない部分で削る(傷に注意!)

ガムテープは粘着力が強力なのは助かりますが、剥がすときのことを考えるなら養生テープもオススメです。

跡が残りにくくヒューっと剥がれるので、お手軽簡単な方法の一つです。

台風のマンションの窓の対策

マンションなどの集合住宅では、

自分の家のせいで隣や下の階などに被害が出てしまい、トラブルに繋がってしまったらということも心配ですね。

どんな対策がとれるか見ていきましょう。

【雨戸を閉める】

雨戸がある場合には、しっかり雨戸を閉めましょう。

ガラスが割れて下の階に落下することなどを防いでくれます。

網戸がガタついていたり、外れそうで心配ということなら外して屋内に入れましょう。

【ベランダにモノを置いている場合】

プランターや園芸用品、椅子やテーブルなどをベランダに置いている場合は、屋内に退避させましょう。

当たって窓ガラスが割れることがありますし、

落ちて人に当たったり、近隣に影響があった場合トラブルに繋がりかねません。

屋内に入れられない場合は、紐でくくるか、ネットで固定するなどしておくと飛散防止に役立ちます。

まとめ

台風で建物やモノが壊れてしまうとガッカリしますが、何よりも一番怖いのはケガなどの人への被害ですね。

もしもの時のことを考えて対策をしておきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA