台風対策のマニュアルで建物や家の中での気になること!

taifuu2
毎年夏が近づくと必ずと言っていいほどやってくる台風。

毎年各地に甚大な被害をもたらしていますが、建物や身を守るための対策はしていますか?

もしものことがあったら大変!

台風に関する対策をまとめました。

スポンサードリンク


台風のマンションの窓の対策

【窓ガラス】

対策をしても、強風や飛来物でガラスが割れてしまうことも考えられます。

ガラスが割れてしまい破片が飛び散って人がケガをしないように

窓ガラスにガムテープや養生テープで*印や×印を作るようにして内側から貼りつけましょう。

【雨戸があるなら】

雨戸があるなら、ガラスが割れるのを防ぐためにしっかり閉めておきましょう。

網戸などがガタついていると、吹き飛んで近隣の家に被害が出ることもあります。

不備がある場合はいっそのこと取り外して室内に入れましょう。

台風の対策で建物とその周りはどうしておくのがいい?

【屋外のモノへの対策】

屋外に植木鉢や園芸用品など飛ばされやすそうなものはありませんか?

飛ばされたり倒れたりして、人がケガをしそうなものや破損して困るモノは屋内に退避させましょう。

屋内に持ち込むのが難しいものは紐やネットで固定するなどの対策をしておけば安心です。

【屋根瓦】

屋根や瓦に隙間や壊れた部分があると雨漏りの原因になります。

壊れた箇所がないか点検しておきましょう。

【側溝】

意外と盲点なのが、建物の周りにある側溝です。

豪雨が続くと水が側溝から溢れてきて側溝の中のゴミや泥が溢れてきてしまうと後始末が大変です。

もし、天候が悪化する前に台風が来ると分かっているのならば側溝の掃除をしておくと水はけがよく、雨水を排水してくれます。

スポンサードリンク


台風の対策で家の中でできることは

【停電を想定して】

台風によって、水道や電気などの供給がストップしてしまうことがあります。

ろうそくや懐中電灯を手の届く場所に置いておきましょう。

【断水を想定して】

数日分の食べ物や飲み水はあるか、防災袋をチェックしておきましょう。

成人一人当たりが一日に必要とする水の量は3ℓと言われています。

家族の分も考えると相当な量になりますが、保存水を数箱買って常備しておくと、もしもときの備えになります。

また、お風呂に水を張っておくと生活用水(体を拭く、トイレを流すなど)に使えます。

【避難勧告、避難指示が出た時】

「避難勧告と避難指示って、どっちが強いの?」

疑問に思いますよね。

災害関係の発令の拘束力の強さはこうなっています。

・避難準備情報(弱)

後々避難勧告や避難指示を発令することになるかもしれないので、準備をしてくださいという呼びかけ。

・避難勧告(中)

住民に避難を勧めて促している状態です。

強制というわけではありません。

・避難指示(強)

被害が出る危険が大きいため、避難勧告より拘束力が強く早めの避難を訴えています。

つまり…避難指示が出たら相当危険ということになりますね。

家の中で過ごしているときはラジオやテレビ、自治体が流す放送などの情報に気を配りたいものです。

自治体から避難勧告や避難指示が出た場合は、速やかに避難場所に移動することになりますが、

そんなときにサッと身動きがとれるように荷物などを準備しておきましょう。

飛来物でケガをすることもありますので、薄着は避け、頭を守り(ヘルメットが理想)移動します。

戸締りと火の元を確認して、貴重品は忘れずに携行しましょう。

まとめ

毎年ニュースで

「過去最大の勢力の台風○号が~」

なんてことを話していると、

「毎年過去最高って言ってるよな~」と

気が緩んでしまうこともありますが、大事な家族を守るため、備えあれば憂いなしです。

油断せずに台風の対策をとりましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA