台風で被害にあった時の賠償責任はどこに?保険は効くの?

taifuu3
日本に住んでいる限り、なかなか避けて通れないのが台風ですね。

モノが飛んできて壊れてしまったとき、

「これって誰かが賠償してくれるの?」

と、ふと思ったりしますね。

台風で被害に遭った場合の賠償や保険についてまとめました。

スポンサードリンク


台風の被害の賠償責任について

台風が終わると、弁護士事務所には

「台風で瓦が飛んできて車が傷ついた!これって相手に賠償させることができるの?」

「屋根の一部が飛んで隣家の窓ガラスが割れてしまった!損害賠償を求められてるんだけど、どうすればいいの?」

などの相談がよく寄せられるそうです。

こういったケースがどうなるのでしょう?

法律の世界ではどうなっているのか見てみましょう。

【一般的には損害賠償請求権は発生しない】

一般的には他人の行為などによって損害が発生しても

「本人が故意にやった」

「本人の過失によって損害が発生した」

という場合以外は、損害賠償請求権は発生しないそうです。

台風で瓦が吹き飛んで車に当たったとしても、それはわざとでも、過失でもなく、

台風という不可抗力のせいでどうしようもなく起こってしまったことと考えられます。

これを見ると、瓦の持ち主には責任はないということになります。

ですが、これには例外があります。

次の項で見ていきましょう。

スポンサードリンク


台風の時の飛来物での怪我や損傷の賠償は

【工作物に欠陥があった場合は賠償請求できる】

民法717条1項には

「工作物(家、家の一部、庭先のものとか)の保存や設置の仕方に欠陥があったせいで他人に損害が発生した場合、

所有者はその損害を賠償しなければならない」

というようなことが書いてあります。

安全にあるべきものが、安全を備えていなかった場合には損害賠償が出来るということになります。

例えば瓦だったら

「瓦がガタついているから安全とは言えないね」

とか

「過去にも大きい台風が何回も来てるんだから、小さい穴でもあけて堅い針金で固定すればいいでしょ。」

というようなことです。

しかし、建物に不備があったとしても必ず賠償金をもらえるというわけではありません。

例えば明らかに危険そうな建物のそばに車などを止めて被害に遭ってしまい、建物の所有者に賠償請求した場合には、逆に

「台風で被害が出そうなのを車の持ち主は知ってたよね?建物に不備はあったけど、そこに停めておくほうも、おくほうじゃない?」

という判断のもとに、建物の所有者がすべて賠償するわけではなく、車の持ち主も被害額を負担したという判例もあるそうです。

なんとも法律って難しいものですね。

時と場合によるということでしょうか。

【賠償請求は結構大変】

これらの法律に従って、賠償を請求するとなると、請求する人が、

「ここの安全性が欠けている!」

ということを調査しなければなりません。

裁判になったりすると、費用がかかりますし、今後のご近所付き合いもいろいろと面倒なことになりそうです…。

被害額にもよるとは思うのですが、そこまで大きくなければ、ここは大事にはせずに、両者で話し合って、

・被害額を折半

・被害額の一部を負担

・お金のやり取りはせずに、今後の対策を話し合う

など、穏便に済ませたほうが楽かもしれません。

台風の時の賠償に対応する保険は?

【住宅】

台風のための保険は住宅に関して言えば、火災保険に加入し総合住宅保険のタイプの、自然災害も保証してくれるものに入るのが良いでしょう。

代表的な評判のいい保険会社は

・東京海上日動火災保険
・三井住友海上火災保険
・損害保険ジャパン日本興亜

などです。

台風による雨漏り、風で飛来物がぶつかったときの保証(風災)などの損害の修理費用をカバーしてくれます。

【車】

一般的に車両保険は自然災害には適応されません。

ですが、東日本大震災以降、

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」

というものが出てきて、自然災害で受けた被害をある程度補償してくれます。

詳しくは窓口で相談してみてくださいね!

まとめ

台風に地震と、日本は自然災害が溢れる国ですね。

モノが壊れるのは仕方がないことですが、災害に向けて建物に不備がないか確認したり、壊れたときの為に対策をとったり保険に入っておけば少しは安心ですね。

自然災害に備えましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA