警報が出ると学校は休みになるけどどんな種類のものなの?

taifuu5
台風などで警報が発表されると「学校休みになるかも…!」と

期待が高まってテンションが上がるという学生さんも多いのではないでしょうか。

休校などの判断はどうやって決めているのか疑問ですよね。

基準などを調べました。

スポンサードリンク


警報で学校が休みになる基準と種類

【基準は市町村や学校ごと】

荒天や台風で学校が休みになる基準というのは実は法律で決まっているというわけではありません。

公立の学校の場合は、市区町村の教育委員会が荒天時の対応についてマニュアルを作っていてそれをもとに休校や下校の措置を決めています。

私立高校の場合は学校内で基準があってそれをもとに決めているそうです。

【警報の種類】

学校が休みになる可能性がある警報の種類はこんな感じです。

・大雨警報
・洪水警報
・暴風警報
・大雪警報
・暴風雪警報

※「特別警報」になると更に危険度が上がります。

これらのうちの一つでも警報が発令されていることが、学校が休校になる一つの条件となっているところが多いです。

(学校によっては、これらのうち3つ発令されないと休校の条件にならないというところもあります)

【休校を決めるタイミング】

休校を決めるタイミングはこれも学校や市町村によっても違いますが

・6~7時に警報が出ている場合は休校

・始業時間の2時間前に警報が出ていたら休校

・午前11時までに警報が解除されたら午後から登校

など、これも市町村や学校によって異なっているようです。

【どこに警報が出ているのか】

また、どこで警報が出ているかというのも基準の一つになっています。

学校所在地の市町村というのはもちろん、高校となると、遠くから通学している人がいることから、

・その高校がある県のどこか一つにでも警報が出た場合は休校

・○○県東部のような、その高校がある位置に警報が出たら休校

・県外で警報が出て、そこから通学している場合は家庭内で危険と判断したら、学校に届け出ればOK

と、範囲を広めに見て休校を決めている学校もあります。

下記のサイトでは各地の警報注意報がリアルタイムで確認できます。

ラジオやテレビだと見逃してしまうこともあるので

気になる方はこちらでチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


暴風雪の警報が出たら学校はどうなる?

暴風雪警報は、雪と共に暴風が吹き荒れそれによって重大な災害が発生する可能性があること、

加えて雪によって見通しが利かなくなる可能性があると気象庁が判断すると発表されます。

では雪の多い地域と少ない地域では対応にどんな差があるのでしょうか。

過去の事例で見てみましょう。

【雪が多い地域では】

2016年2月29日、日本を爆弾低気圧が襲い、北日本を中心に大雪に見舞われました。

特に北海道では暴風雪警報が発令され、道内の163校が休校の措置を取りました。

しかし、これは道内すべての学校というわけではありません。

場所や状況にもよるのでしょうが、大雪に慣れているからこそ、休校にしないというところもあるようです。

【雪が少ない地域】

2016年1月20日、雪が少ないことで知られる愛知県に数十年ぶりに暴風雪警報が発令されました。

実際にこのときは県内の学校が多数休校になりました。

警報は午前9時に解除されましたが、時折突風が吹き荒れる状況が続いたためそのまま一日お休みになったところが多かったそうです。

愛知県は伊勢湾台風の教訓もあって、突風に対して警戒が強い傾向があると市民の方が語っていました。

暴風雪警報によって休校するかどうかは地域性や過去の事例によって判断基準が異なっているようです。

大雨の警報が学校にいるときに発令されたら?

大雨警報が出た場合はこれも地方によって様々ですが、通常通り登校というところが多いようです。

都心部では電車で通学する方も多いと思いますが、大雨でも電車は通常通り動いていることが多いですね。

なんとか登校できる状況なら基本登校ということでしょうか。

しかし、土砂災害で甚大な被害があった地域などでは休校の措置をとったり、途中下校を決める学校が多いようです。

また、下校するほうが逆に危険という場合には学校で待機したり、泊まるということもあるようです。

まとめ

行きつくのは、明確な基準はなくて

「学校と市町村によって違う」

ということなのですが、一番は安全に登下校出来るということが大事ですね。

「これは…やばい!」と判断したら家族と話し合って登校を決めるのも、自分の身を守るためには大切なことかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA