紅葉の見頃2016!関東・京都・東海 地域別人気スポット

kouyou2
秋に楽しみたいレジャーの一つ、紅葉狩り。

全国各地で楽しめる紅葉ですが、各地の見ごろはいつ頃なのでしょうか。

関東、東海、京都の紅葉の見ごろの時期について調べました。

自分が行く紅葉スポットの色づき具合をリアルタイムで知りたいという方には、下にまとめておきましたのでお楽しみに!

スポンサードリンク


紅葉 見頃 関東

関東の紅葉の見ごろはざっくりと言うと11月上旬~下旬です。

場所によっては10月下旬~11月中旬というところもあり、更に11月中旬~12月上旬までOKというところもあります。

「桜前線」というのはよく耳にしますが、同じように「紅葉前線」も存在します。

桜前線は南から北に登っていきますが、紅葉前線は北から南に下ってきます

紅葉は寒さによって色づくので、その場所の日当たりや標高などによっても見ごろが前後します。

山頂が高ければ高いほど気温は低くなるので、山のてっぺんから麓に向けて紅葉してきます。

紅葉がどこから色づくかはなんとなくイメージが付いたかもしれませんが、やっぱり重要なのは自分がこれから行く場所がきちんと紅葉しているかですね。

紅葉 見頃 京都

京都の紅葉の見ごろは府の北側がやや早いのですが、全体でみると大体11月中旬~12月上旬が見ごろです。

言わずと知れた日本屈指の観光地とあって、国内のみならず海外からも観光客が押し寄せ混雑します。

11月中旬~下旬は比較的どこの紅葉も見ごろで丁度良い時期であることから、ホテルも交通機関のチケット
も埋まってしまうほどです。

一番キレイな時期に紅葉を見たいという気持ちは皆一緒ですが、少しでも混雑をさけてゆっくり見たいということなら、土日は避けて平日を狙って見に行くことをオススメします。

スポンサードリンク


紅葉 見頃 東海

東海地方は大体関東と同じくらいで11月上旬~下旬が大まかな見頃です。

中には10月中旬から見頃というところもあります。

紅葉は寒さによって色づくと書きましたが、昨年2015年の東海地方の10月の平均気温は例年より高めだったため、紅葉の始まりがやや遅めだったようです。

また、秋の天気のことを思い出してみると、日中は暖かい日差しが降り注いで気温が上がりますが、朝夕はじんわりとした冷え込みがあり、一日の寒暖差が激しいですね。

この日照時間はもちろん、日中の暖かさと夜の冷え込みを繰り返すほど、鮮やかな紅葉になってゆくと言われていて、

天気がいい日が続くことは紅葉を心待ちにしている人にとっては好都合なのです。

10月頃の天気予報をこまめにチェックしていると、こうして紅葉がいつ頃はじまるのか、なんとなくつかめて来るかもしれません。

リアルタイムチェックサイト⇒ 関東 京都 東海

まとめ

2016年の夏はラニーニャ現象が発生し、例年にない猛暑になると予想されています。

そしてラニーニャ現象が起こった年は、高い確率で厳冬になるそうです。

そういった年は、紅葉は色づきが遅くはじまり、見頃が短い年になる可能性があるそうです。

このラニーニャ現象による気候の変化が、紅葉にどのような影響を及ぼすでしょうか。

楽しみにしながら秋の訪れを待ちましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA