紅葉のライトアップ2016【関東・関西・東海】ベスト3はどこ?

kouyou3
秋のレジャーといえば紅葉狩り。

近所で紅葉を楽しむのもいいですが、ドライブがてら少し足を延ばして見に行くのも楽しいですね。

関東、関西、東海それぞれの紅葉のライトアップおすすめおうベスト3をご紹介します。

スポンサードリンク


紅葉 ライトアップ 関東

・六義園(東京都文京区)

徳川5代将軍綱吉から譲り受けた土地を、元禄15年に回遊式築山泉水庭園として完成させた、300年も続く歴史ある庭園

江戸時代を代表する庭園で、昼の紅葉もさることながら、夜のライトアップのブルーのライトで照らされた紅葉は幽玄な雰囲気を醸し出します

見頃:11月下旬~12月上旬

ライトアップ時間:日没~21時(20時30分まで入園可能)

・長瀞(埼玉県長瀞町)

荒川に移る紅葉が美しく、川下りをしながらの鑑賞がオススメです。

月の石もみじ公園のライトアップが人気です。

見頃:11月中旬~下旬
ライトアップ時間:17時~21時

・袋田の滝(茨城県大子町)

落差120メートル、幅73メートルの巨大な滝と、赤や黄の紅葉のコラボレーションが見られる袋田の滝。

春夏秋冬、全ての季節で見せる顔が違うため、四季すべて訪れてみないと真の美しさを知ることができないことから「四度の滝」とも呼ばれています。

そんな大迫力の滝も、夜のライトアップでは昼間とは一味違った凄さが堪能できます。

滝と紅葉とライトアップのバランスの取れた写真が撮れるという点でも人気です。

見頃:11月上旬~下旬

ライトアップ時間:11月~2月の金、土、日、祝の日没~20時

スポンサードリンク


紅葉 ライトアップ 関西

・勝尾寺(大阪府簀面市)

「勝ダルマの寺」として必勝祈願で有名な勝尾寺。

広い境内をモミジやナナカマド、イチョウなどが彩ります。

夜は紅葉をバックに、ブルーにライトアップされた池、膨大な数の灯篭、本堂や塔と紅葉など絵になる箇所が多く、シャッターチャンスの嵐です。

どこを切り取っても美しく神秘的な風景をご覧あれ!

見頃:11月中旬~下旬

ライトアップ時間:日没~19時30分

・日吉神社(滋賀県大津市)

2100年もの歴史を誇る滋賀屈指の紅葉スポット、日吉神社。

特に見所なのは境内に入る前の鳥居の周りを覆うように群生するモミジです。

鳥居の赤と紅葉の赤、何とも言えない日本らしさを感じさせるスポットです。

見頃:11月中旬~12月上旬

ライトアップ時間:18時~19時30分

・大覚寺(京都府)

関西の紅葉と言ったら京都!

ライトアップでオススメなのは、大覚寺です。

本堂はもちろん、日本最古の林泉式回遊庭園「大沢池」付近もライトアップされます。

水面に映る紅葉と心経宝塔の美しさが人々の心を奪います。

見頃:11月中旬~12月上旬

ライトアップ時間;17時~20時30分

紅葉 ライトアップ 東海

・曽木公園(岐阜県土岐市)

地元の町おこしグループがはじめて、現在では飛騨・美濃紅葉33選の一つに選ばれるほどの成長を遂げた曽木公園のもみじライトアップ。

もみじ、かえで、イチョウ、ミズキなどの木々が園内を彩ります。

ライトアップでは大小合わせて8つの池が照らされ、水面に色づいた葉が映る「逆さもみじ」が毎年人々を楽しませています。

見頃:11月中旬~下旬

ライトアップ時間:17時~21時30分

・香嵐渓(愛知県豊田市)

日本有数の紅葉の名所と知られる香嵐渓(こうらんけい)。

全長1キロほどの巴川の両側に植えられた4千本のもみじは圧巻です。

赤や黄に色づいた山々がダイナミックに照らし出される姿は、豪華絢爛。

見頃:11月中旬~12月上旬

ライトアップ時間:日没~21時

・赤目四十八滝の紅葉(三重県名張市)

ハイキングコースとしても人気のスポット。

山の澄んだ空気を吸いながら、紅葉を鑑賞してみるのも一興ですね。

大小様々な滝が点在していて、場所ごとに紅葉の表情が違って見えるのが見どころの一つです。

見頃:11月上旬~下旬

ライトアップ時間:16時~20時

まとめ

毎年何度見ても、また見に行きたくなるのが紅葉の不思議な所ですね。

昼か夜のライトアップかによっても違う見え方が出来るのもうれしいところですね。

紅葉を通して秋の良さを目で楽しみましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA