七五三の服装で親が目立つのはNG!母親、父親の服装はコレ!

七五三
我が子の七五三。

子供が主役の行事ですが、お父さんとお母さんもきちんとした服装で恥をかかないようにしたいですね。

我が子を引き立て、七五三という場に相応しい服装とはどんなものなのでしょうか。

七五三の時の両親の服装について調べました。

スポンサードリンク


七五三の服装で親はどうしたらいいのか

七五三は神様に「子供がこれからも元気に成長しますように」という願いを込めて神様に祈願する行事ですね。

神社というのは神聖な場所ですので、あまりカジュアルすぎる服装は好まれません。

七五三では子供が主役なので、親は子供より「格」の低い服を着て引き立て役に回らなければなりません。

「格」は着物についてのことでよく耳にする言葉ですが、もっと簡単に言うと「キチンと感はあるけど派手じゃない」といったところでしょうか。

格を意識した服装選びとはこんなものです。

・子供が和服ならばお母さんは和服を着るとしても格の高い黒留袖や振り袖などは避けて、訪問着や色留袖にする

・子供が洋服ならば、お母さんは和服を避けてワンピースやスーツにする

こんな風に子供の格を尊重しながら、衣装を選んでいきます。

具体的にはどんなものがいいかは、次で見ていきましょう。

スポンサードリンク


七五三の服装で母親の場合

七五三でのお母さんの衣装はワンピース+ジャケット、パンツスーツ、和服の3択が考えられますね。

この3つのどれを選んでも間違いではありません。

ただ、それぞれの服装に注意点が少しずつあります。

・ワンピース+ジャケット

イメージするとこんな感じのものです。

画像でも分かるように、控えめだけど品のある装いに仕上がります。

丈は膝丈程度で露出を控えベージュのストッキングを着用し、アクセサリーはギラギラしたものは避けて、柔らかい色使いのコサージュや、パールなどが理想です。

というのも、キラキラした光物は神様に対して失礼に当たるのです。

着回しのことを想定するなら、ジャケット+ワンピースのセットがオススメです。

七五三用にお呼ばれ用の服を新調しようというお母さんも多いと思いますが、七五三が終わったあともイベント事で繰り返し着られるというのもポイントです。

たとえば卒園式、入学式、謝恩会、結婚式、ちょっとしたパーティーなどでしょうか。

ネイビーやグレーなどの中間色のものを選べば、七五三や卒園式はそのまま着て、入学式はジャケットだけ新調して雰囲気を変え、ワンピース+手持ちのボレロで結婚式と、結構使えます。

・パンツスーツ

黒や紺、グレーのものが多いですが、そのまま着ると仕事っぽさが出てしまいます。

コサージュやストール、ドレスシャツなどで、華やかさをプラスしましょう。

・和服

附下、訪問着、色留袖など、子供よりも格が高くならないようなもの選びます。

紋の数は五つ紋だと格が高くなるため、格を尊重するのであれば一つ紋か三つ紋のものをおすすめします。

結婚式で親族は正装として黒留袖などの格の高い着物を着ることが多いですが、これは子供より格が高くなり過ぎてしまうので七五三では避けた方が良いでしょう。

・靴と上着

11月は肌寒い季節なので、トレンチコートや中に着られるカーディガンなどの羽織物を持っていくといいかもしれません。

また、神社の境内は道が整備されていることもありますが、砂利が敷いてあることがあったり、子供がどこかにいってしまったりすることもあるかもしれません。

ヒールが高い靴や歩きにくい靴は避けて、ローヒールの靴がオススメです。

七五三の服装で父親の場合

子供の衣装→お母さんの衣装→お父さんの衣装というように、最後に決まりがちなのがお父さんの衣装ですね。

七五三でのお父さんの服装で一番多いのは、紺やグレーのビジネススーツorフォーマルスーツ+柄が派手ではないネクタイです。

普段仕事でスーツを着ているのならば、普段使いのものでもかまいません。

ネクタイを光沢のある少し高級感のある素材のものにすると祝い事に相応しい雰囲気になります。

ここでも出てくる格の問題ですが、結婚式などで着るダブルのスーツなどは子供よりも格が高くなってしまうので控えたほうが良さそうです。

しかし、これが絶対的なルールというわけではありません。

一番は子供とお母さんの服装と釣り合いがとれた服装が理想的ですね。

・お母さんがワンピースならお父さんはビジネススーツ

・お母さんが和服ならお父さんはフォーマルスーツorビジネススーツ

というように、夫婦でちぐはぐにならないように、格やゴージャス感を調整します。

まとめ

大切なのは、子供との格を調整して、家族で釣り合いの取れた服装を選ぶことだと分かりました。

普段はそんなにきちっとした服装をしないお父さんお母さんでも、たまにそういう服装をしてみると気が引き締まり、節目と言うこともあって

「ここまで元気に育ってくれてよかった。また子育て頑張ろう!」

という気持ちが湧いてくるでしょう。

子供を引き立てられる装いで参拝に行きましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA