山登りの初心者の服装や持ち物、靴について知っておきたいこと!

tozan1
四季折々で違った表情を見せてくれる山。

これから山登りを始めようと考えている方も、人から誘われて初めてチャレンジするという方も、気になっているのはどんな服装や道具を準備しておくかということですね。

山登り初心者に向けて、必要な道具や適した服装を簡単にご紹介します。

スポンサードリンク


山登りの初心者の服装

・基本の服装

登る山にもよるのですが、基本的に長袖長ズボンがオススメです。

半ズボン+通気性のよいレギンスという方も増えています。

なぜ長袖長ズボンかというと、枝などに体が引っかかってケガをすることがあるのと、虫刺されを防止するためです。

「夏に長袖は暑いな…」

という声が聞こえてきそうですが、人によっては半袖で登るという人もいますし、半袖+アームカバーをするなどの工夫をしている人もいます。

基本は通気性が良く、速乾性のものを選んで汗の対策をするのが良いでしょう。

イメージとしてはこんなものです。

ズボンやレギンスは、通気性が良く、動きやすいものが良いでしょう。

・上着

山と地上は結構な温度差があるものです。

サッと羽織れる上着を持参しましょう。

冬に近い秋などは特に寒さが気になります。

中に着られる薄手のダウンジャケットなども持っておくといいでしょう。

・レインコート

山の天気は変わりやすいので、レインコートを忘れずに。

100均などで売っているレインコートよりかは、風であおられたりしても破れなく、しっかりとした作りのレインコートを選びましょう。

特に火山灰が舞っているような山だと、ビニール製のレインコートだとすぐに穴が開きます

防寒具を減らしたいということなら、防水加工のマウンテンパーカーが便利です。

肌寒い季節であっても登っていると汗をかくので、防水で、かつ汗を逃がす構造のものがオススメです。

万全にするならば、ズボンのようなレインウェアも用意して、上下カバーできるものが良いでしょう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

◎モンベル 1128531・ストームクルーザージャケットMen’s
価格:21060円(税込、送料無料) (2016/7/22時点)

ゴアテックス素材のレインウェアがおすすめです。

・帽子

日光や寒さから頭を守ってくれる帽子もかかせません。

春と秋などの中間の季節はキャップなど、暑い時期は熱中症予防のためツバ付きで、通気性が高く風で吹き飛ばされない構造のもの、寒い時期はニット帽がオススメです。

・手袋

手先の冷えや、ケガを防止する手袋も持っておくと良いでしょう。

特にゴツゴツした岩場を登るのならば必須アイテムです。

山登りの初心者の持ち物

・リュック

日帰り登山なら30ℓ、山小屋に泊まるなら40ℓが要領の目安です。

出来るだけ体に負担がかからないように、軽いものを選びたいですね。

雨でリュックが濡れるのを防ぐ、ザックカバーも忘れずに。

・手袋

ちょっとした岩場を登るときのケガ予防に。

・サングラス

紫外線の強い季節の必需品です。耐久性に優れたものを。

・ヘッドランプ

これは登る山にもよりますが、時間が夜や夕方にかかるようならば持っておきましょう。

・食べ物と飲み物

日帰りの登山であれば、昼食や軽食を持っていくと良いでしょう。

特に食事を摂らないということなら、小腹の空いたときに少しの量で簡単にカロリー補給ができる、

カロリーメイトやカントリーマアム、ドライフルーツやスニッカーズチョコレートなどがオススメです。

飲み物は必須で、特に暑い季節は熱中症予防にスポーツ飲料やお茶は必ず持っていきましょう。

スポンサードリンク


山登りの初心者の靴

山登りの道具で、ある意味一番重要とも言えるのが靴です。

ネットで購入するのもいいですが、アウトドアショップで店員さんに見てもらいながら靴を選ぶのが理想です。

アウトドアショップの店員さんの多くは、アウトドアを趣味にしていることが多いので、良いアドバイスをもらえるでしょう。

靴は試着して買うのが基本ですが、その時に注意したいのはサイジングと靴擦れしないかどうかです。

ぴったりの靴と言うよりかは、かかとに指一本くらい入るゆとりがあるもので、実際に歩いてみて靴擦れしそうな、変に当たっている部分がないかどうかチェックしましょう。

・低標高、登山道が整備された道でのちょっとしたハイキングなら

ローカットの登山靴やトレイルランニングシューズ(トレランシューズ)がオススメです。

今は初心者だけど、徐々に高い山を登りたいということならミドルカットのものもオススメです。

ミドルカットというのは、ローカットとハイカットの中間の丈のことです。

標高2000m級の登山道を登っていくような登山なら、ミドルカットでも対応できるので、幅広く使えます。

・高山、岩場の多い山なら

ハイカットの登山靴が良いでしょう。

足首をしっかりと保護してくれて、雨水の侵入を防いでくれます。

・スニーカーはやめたほうが良い

道が整備されていて、標高がそこまで高くないような山ならともかく、スニーカーで行くのは基本NGです。

ダメな例を挙げると、最近世界遺産に登録された富士山では、勢いだけで富士山に登ろうとして、スニーカーやサンダルで登山をし、レスキュー隊に通報をするという事例が増えています。

足を痛める可能性もありますし、例えば富士山のように火山砂利で出来た山だとスニーカーや底の薄い靴は簡単に壊れてしまいます。

まとめ

山登りようの服やグッズは、値段が高いものが多いですが、ある程度しっかりとしたものを選んでおくと安心して登れますね。

しっかりと準備して登山に行きましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA