登山のリュックの選び方で容量はどれぐらい?上手な詰め方は?

tozan2
登山靴、レインウェアと並んで登山の三種の神器とも言われるリュック。

荷物の量に合わせて選びたいものですが、一体どのくらいの容量のものが適しているのでしょうか。

登山用のリュックの選び方や容量、詰め方を調べました。

スポンサードリンク


登山のリュックの選び方

体にリュックがフィットし、疲れを感じにくい設計のものを選びたいですね。

ちょっとした疲れやストレスのせいで、腰痛や方の痛み、ケガなど引き起こしてしまって楽しい登山を台無しにするのはもったいない話です。

普段使いのもので代用というのも考えますが、登山用のものは登山をするために設計されているので、普通のリュックとは少し違います。

登山用のリュックを選ぶときはこんなところに着目してみてください。

・ショルダーハーネス(肩ひもの部分)は肩に負荷がかからないように、柔らかい素材が使われているもの

・チェストハーネス(胸の前でとめるベルト)やヒップハーネス(腰のまわりを固定するベルト)が付いていて、荷物が体に固定される設計になっているもの

・リッド(リュック上部を覆う雨水の侵入を防ぐ蓋)は付いているか

・背中でかいた汗でムレないように通気性が良いメッシュ素材などになっているもの

・自分の背中の長さに合ったリュックかどうか

・しっかりとした作りで耐久性はあるか

・リュックそのものは重くないか

スポンサードリンク


男性か女性かによっても違いますが、背の大きさや背中の形によってフィットするリュックとそうでないリュックがあります。

店員さんに見てもらいつつ、お店で実際に背負って見て、各種紐の長さを調整してもらい、フィットするものを探してみましょう。

さらに店員さんに重りなどを入れてもらって、自分の体に合っているかチェックしてみましょう。

背負いやすさの他に、気にしておきたいのは、中のものが必要なときに取り出しやすいかどうかですね。

底の方のものも取り出しやすくということなら、サイドやフロントにチャックの付いているものが便利です。

また、リュックと合わせて揃えたいのがザックカバーです。

このザックカバーというのは、リュックを覆うように被せて使う、リュックの雨よけのようなものです。

山の天気は変わりやすいもので、雨が降ってくると、大事なリュックの中身が濡れてしまうこともあるので、それを防いでくれます。

リュックの容量に合わせて、ザックカバーもいろいろなサイズがあるので、自分のリュックの容量に合ったザックカバーを探してみましょう。

登山のリュックの容量は?

日帰りで必要最小限のものを持っていく感じなら20ℓ前後、日帰りで簡単な炊飯などをする場合や冬場など荷物が多めなら30ℓ前後、

山小屋に泊まるなら40ℓ前後というのが大体の目安です。

泊数が伸びるのであれば、もっと容量の大きいものが必要になってきます。

・日帰りのおすすめ容量27ℓ

・一泊のおすすめ容量37ℓ

登山のリュックの詰め方

リュックの詰め方には正解はないとも言われますが、基本の詰め方はこんな感じです。

・上の方…よく使うもの

・中間の背中側…重いもの

・中間の外側…軽いもの

・下の方…山小屋で使うもの、あまり使わないもの

底の方から詰めていくわけですが、そうすると上の方に到達したときに隙間が出てくるということもあるでしょう。

そうすると、下の方に重心がかかってしまい、疲れやすく感じてしまいます。

最後に上下均等になるように中のものをずらして調整しましょう。

また、記念撮影などのときに、リュックからいちいちスマホを出し入れするのは面倒なものですね。

ヒップハーネスにチャックが付いていて、そこに小物を入れられるタイプのリュックもありますし、

ついていない場合にはアクセサリーバッグを付けて、よく使うこまごまとしたものを詰めておくと便利です。

使用頻度が高い小物を収納しておくと、取り出すストレスを感じずに過ごせます。

まとめ

自分の背中や体にフィットするリュックを選ぶ!

これが疲れを最小限に抑えて登山をする一つのコツだということが分かりました。

カッコイイものや便利なものはたくさんありますが、実際にお店で試着してみて、背負い心地のいいものを選ぶのが一番です。

いろんなものを試してみましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA