お正月の玄関の飾りはいつからよくて処分する時はどうするの?

syougatu gennkann kazari itu
新年を迎えるにあたってしたいのが玄関や家の中の飾り付け。

実家にいると知らない間に両親や祖父母が飾り付けてくれますが、一人暮らしや家を出てからはどうしていいか勝手がわからないものです。

一体いつから飾り付けて、いつしまうのが正しいのでしょうか?

また、飾り付けが終わった後にどうやって処分するのか、いざやろうと思うとそのまま捨ててしまっても良いのか迷います。

そんな疑問を調べてみました。

スポンサードリンク


お正月の玄関の飾りはいつから?

クリスマスが終わると一気に年の瀬ムードがマックスになりますね。

お正月飾りといえば、門松、鏡餅、しめ縄です。

実はそれらを飾るには理由があって、それぞれにこんな謂れがあります。

・門松

お正月飾りの中でも一番重要とされるもので、年神様が迷わずにその家庭にたどり着けるようにという目印になるものです。

年神様とはお正月に各家庭に幸福をもたらす神様といわれています。

・鏡餅

円形のお餅を重ねたもので、年神様へのお供え物として用意されるものです。

名前の「鏡」は、昔は鏡が円形だったことに由来するようです。

上にのっているミカンにも意味があり、ミカンの色が「橙(だいだい)」であることから、子孫代々(だいだい)にわたって繁栄するということで、

縁起がいいとされてミカンが添えられています。

・しめ縄

その家に不浄なものが入らないようにするものです。

年神様に「ここは神聖な場所ですよ」と示すために飾られます。

お正月になると良く見かけるものですが、こんな由来があったのですね。

ではそれらの由来を踏まえて、いつからお正月飾りを飾れば良いのでしょうか。

お正月の準備は関東では12月8日、関西では12月13日からとされています。

最近ではクリスマスもお正月と同じくらい定着しているので、12月25日まではクリスマスリースを飾っているお宅も多いのではないでしょうか。

クリスマスリースのことも考えると、お正月飾りを飾るのに適しているのは26日からと言えるでしょう。

しかし、26日以降ならいつでもいいというわけではなく、12月29日と12月31日は避けたほうが良いとされています。

理由としては、29日は9(苦)が入っていることから「苦待つ」とされ縁起が悪いということと、

31日は「一夜飾り」と呼ばれ、元旦の前夜だけ神様を待っているようでは年神様に対して失礼ということです。

これらを踏まえて、お正月飾りを飾りましょう。

スポンサードリンク


お正月の玄関の飾りの処分の仕方は?

元旦から7日にかけては「松の内」とよばれる期間で、年神様が家にいる大事な期間といわれています。

それにしたがって、しめ縄もその時期に合わせて外すところが多いようです。

鏡餅だけは例外で11日に下げます。

下げたおお餅を食べると、無病息災になると言われています。

お正月飾りの種類によって、外す日が違うことはわかりましたが、処分はどうしたらいいのでしょうか。

筆者が住んでいた宮城県では、1月15日前後に「どんと祭」と呼ばれるお祭りが、あちこちの神社で行われていて、

そのお祭りで焚かれている火でお正月飾りを燃やすのがお正月飾りの処分の仕方でした。

地元のテレビ局で大きな神社でのどんと祭の様子が生中継されていることから、勝手に全国区の行事だと思っていたのですが、そうでないことを最近知りました。

地域によって呼び名が違うようですが、左義長と呼ばれて全国各地で似たようなお祭りが開催されているので、

お近くでそういった行事がある方はそちらでお焚き上げしていただくのが一番良い方法です。

どんと祭や左義長に参加できないということもあると思います。

そういった場合は、新聞紙や大きな紙にお正月飾りを並べて左から順に塩で清めてから、丁寧にくるみます。

紙にくるんだお正月飾りを新しいごみ袋に入れ、再度塩で清めてから、地域ごとのごみの収集日に出します。

お焚き上げするにしても、そうでないにしても、年神様に「どうもありがとうございました」と感謝の気持ちを込めて行いましょう。

まとめ

他の国にはみられない、日本古来のお正月の伝統にはこんな由来があったのかと驚かされますね。

家族みんなの健康や幸せを願ってお正月飾りを心を込めて飾り、素敵な一年にしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA