ガスレンジの掃除で焦げや五徳の掃除の仕方でおすすめは?

gasurenjisoujigotakusouji

大掃除のシーズン、大変で時間がかかってしまうガスレンジの掃除。

簡単にきれいにする方法は何かないものか…

と思いながら毎年年末に格闘していますよね。

そこで今回は面倒くさいガスレンジの油汚れ・焦げ付きを簡単に落とす方法をまとめてみました。

スポンサードリンク


ガスレンジの掃除で焦げはどうする?

ガスレンジの焦げ付きって、なかなか落としにくいですよね。

焦げ付きを落とす前に、まずは油汚れを落としてから焦げ付きを落とすという順番になると思います。

では、油汚れに一番効果があるのはどの方法なのでしょうか。

答えはそのものズバリ、台所用洗剤。

キッチンペーパーに洗剤を溶かしたお水をしみこませ、ガスレンジに敷き詰めて30分ほど置きましょう。

その後、キッチンペーパーを取り除き、あとはスポンジでこするときれいに落ちます。

で、次は焦げ付きの落とし方ですが、

丸めたアルミホイルに研磨剤入りクレンザーをつけ、円をかくように優しく焦げ付きを落とします。

ここで重要なのは、強くこすらないこと。

レンジが傷ついてしまい、後々その傷が汚れをつきやすくする原因となってしまいます。

ある程度焦げが落ちたら、重曹(水1リットル当たり小さじ1杯ほどの割合で)を薄めたお水をスプレーに入れ吹き付け、しばらく放置したらメラミンスポンジでこすって落とします。

あとは、ふきんで拭きとればきれいになりますよ。

ガスレンジの掃除で五徳の仕方は?

五徳についた頑固な油汚れや焦げ付きって、落とすのが大変。

そんな五徳をきれいにするのにおススメは、つけ置き洗いです。

重曹とお酢を混ぜた水に(お水1リットルに対し重曹小さじ1、お酢100ml)、五徳を一晩つけ置きします。

その後、台所洗剤を古い歯ブラシに付け、細かい汚れをこすって落とします。

これで頑固な焦げ付きも油汚れもきれいに落とせます。

…とここまで書きましたが、本来五徳をきれいにするのに一番のおススメは

「毎日洗うこと」

え?毎日なんて面倒くさいと思っているそこのあなた。

お皿や鍋を洗うついでに五徳をはずして、毎日の食器洗いと一緒に台所洗剤で洗うだけでいいのです。

べたつきが気になるときは、水1リットルに対し重曹を小さじ1杯入れたスプレーボトルを作っておき、その水を吹き付けてしばらくおいたら台所洗剤で一緒にあらってください。

食器洗いは毎日しますよね?ですので、食器が何枚か増えたと思って洗っておくと、時間も短縮できて気持も楽ですよ。

スポンサードリンク


ガスレンジの掃除のおすすめは?

ガスレンジ掃除の一番のおススメは、毎日洗うこと。

何ヶ月に一回の大掃除にしてしまうと、その分溜めこまれ、放置された汚れが頑固になり、落としにくく、大変な作業となってしまうのです。

毎日、食器洗いのついでに五徳を洗う、テーブルを拭くついでにレンジ周りを拭くなど、最初は面倒くさいと思ってしまいがちですが、

毎日の作業として習慣付けてしまうと、いつもきれいでとても気持ちがいいですし、大掃除のためにわざわざ時間を作らなくてよくなります。

汚れというものは、放置すればするほどこびりつき、落としにくくなるもの。

汚れたときにすぐきれいにしておくのが一番いいのです。

もう一つのポイントとして、

油汚れは温めること・焦げ付きはよく湿らすこと。

油というものは温度が高い方がとけやすいので、その分汚れが落ちやすくなります。

一方、焦げ付き汚れというものは乾燥した状態でレンジにひっついてしまっているので、湿らすことで落ちやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

きれいなガスレンジで料理するととっても気持ちがいいし、料理自体も楽しくなると思います。

楽しくお料理すると、おいしさも倍増かも?

皆様もぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA