マフラーの巻き方をメンズのスーツでもかっこよくておしゃれなにするには?

su-tu mafura-
マフラーの巻き方、メンズはレディースに比べてそのバリエーションが少ないように感じますよね。

おしゃれにまきたいけど、スーツに合わない個性的すぎるのはちょっと・・・

と感じてらっしゃる方の為に、今回はマフラーのメンズの巻き方について調べてみました。

スポンサードリンク


マフラーの巻き方のメンズのスーツにあうのは?

まず、スーツに合うマフラーの巻き方から。

一番オーソドックスでスーツに会うのはプレーンノット巻き

ネクタイ巻きとも言われ、その名の通りネクタイと同じ巻き方で一度輪を作ってその輪に片方の端を後ろから入れて巻くもの。

マフラーの端にエンブレムや模様が入っているものはこれがおススメです。

次にシンプルで簡単なのはワンループ巻き

マフラーを2つに折ってできた輪に両端を入れて巻くものです。

こちらはスーツでもコートでもシンプルでスッキリしていてかっこいいですよね。

首元も温かそうに感じますし、厚手でも薄めのマフラーでもどちらでもOK。

一番温かそうで、しかもスッキリ見えるのは二重巻き

その名の通りマフラーを二重にまいて両端を前に垂らすもの。

メンズの場合は垂らした両端をスーツやコートに入れると、首元のVラインちょうどいい感じのボリューム感が出て、温かそうかつスッキリ見えて素敵ですね。

シンプルですがこういった巻き方はマフラーも服も選ばないので、この3つは必ず押さえておきましょう。

マフラーの巻き方でかっこいいのは?

メンズのマフラーの巻き方でかっこいいのがよければ、ニューヨーク巻きにするのはいかがでしょうか?

巻き方はこんな感じ。

①マフラーの両端に長短があるようにして肩にかけます。

②端の長い方を首に一周させます。このときに少しひねりをいれながらまくとマフラーに動きが出てワンランク上の仕上がりになります。

③首に巻きつけた方の端が少し短くなるので、長くなっている巻き付けていない方の端を下側にして交差させます。

④下側になっている端をまくりながら両端を結びつけます。

⑤両端を持って下に伸ばし、結び目が縦になるようにくせをつけます。

⑥両端のたれを広げて首元を前後に調節すればできあがり。

②と③の両端は、別サイドの端使うことで片方にテンションがかかり過ぎることなく形の奇麗な巻き方になることがポイント。

マフラーの両端をスーツの中に入れればボリュームがありながらもスマートな感じに、両端を出せばカジュアル感がでる巻き方になります。

スポンサードリンク


マフラーの巻き方のメンズのおしゃれなのは?

もう一つのおしゃれな巻き方と言えば、やはりピッティ巻き

フィレンツェ巻きともいわれ、イタリアのフィレンツェで年2回行われているファッションの見本市

「PITTI IMMAGINE UOMO (通称:ピッティ・ウォモ)」に集まっている人たちがしていた巻き方が広まったものです。

①マフラーを左右6:4ほどの比率で首に巻きます。長短をつけ過ぎないように注意。

②動きをつけるように少しひねりながら1周させます。

③巻いていない方を交差部分の内側からひきあげ、ループをつくります。

④ループの中に一周させた方の端をくぐらせます。

⑤全体のバランスを見て、たるみを調節させます。

⑥両端部分にずらしを利かせて、自然な動きをつければ完成です。

こちらの巻き方はスーツでもカジュアルでも似合いますし、簡単にワンランク上の巻き方ができるので、とてもおススメです。

特にジャケットを着るときにとってもよく似合います。

両端は出してもいいですししまってもOK。

是非一度試してみてください。

まとめ

マフラーはきれいに巻いておかないとかえってだらしない印象を与えてしまうので、巻き方を参考にして、きれいにスタイル良く活用して下さいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA