車のチェーンの付け方でゴムの場合でffに付ける場合のコツは?

tozan8
雪道で事故から自分と車を守ってくれるチェーン。

なかなか初めて装着するとなると、着け方が分からないものですよね。

通常のチェーンとゴムチェーンの付け方について調べました。

スポンサードリンク


車のチェーンのつけ方

ノーマルタイヤで道路を走行するときは、チェーンを着用する必要があります。

金属製のチェーンのメリットは、値段がゴムやウレタン製のものに比べて安価なことと、金属なので壊れにくいという点です。

デメリットはというと、着脱が少し面倒という点と、すごく揺れるので速度があまり出せないこと、ジャラジャラと音がうるさいという点です。

チェーンははしご型になっていて、チェーンの他にチェーンのたるみを防ぐチェーンバンドがセットになって一組になっています。

チェーンを付ける時に必要な道具は下記の通りです。

・軍手
・輪留め

これ以外に、特別な工具は必要ありません。

思わぬ事故を防ぐために、広くて平坦で、安全が確保できる場所で着脱を行いましょう。

特に軽自動車はFRのことが多いです。

高速道路を走っていると、チェーンを着けなければならないという警告が突然出てきますが、その時にサッと着けられるように準備しておきましょう。

スポンサードリンク


車のチェーンの付け方でゴムの場合

ゴムやウレタン製のチェーンは、金属製のものに比べて値段は高いものの、着脱が簡単なのと金属製のチェーンのような騒音がほとんどなく乗り心地の悪さが軽減されるのがメリットと言えます。

また、メーカーによっても違いますが、意外と着けるのにコツが必要です。

最初は戸惑うかもしれませんので、購入したら一度練習してみましょう。

意外と簡単かと思うと難しいので、5分から10分くらいかかると思って始めてみましょう。

車のチェーンの付け方でffの場合

車には前輪駆動(FF)、後輪駆動(FR)、四輪駆動(4WD)というように、実際にエンジンの動力を受けて回転するタイヤによって、種類分けされています。

基本的に、チェーンを付けるのは駆動するタイヤ、FFだったら前2つのタイヤにチェーンを着けます。

FRだったら後ろの2つのタイヤにチェーンを着けます。

4WDは一般的に前輪に着けることになっています。

自分の車がFF、FR、4WDなのか、はたまたRRなのかは、メーカーのホームページなどに掲載されているのであらかじめ確認してからチェーンを装着しましょう。

ハンドルを装着する方向に目いっぱいきること。

これが着ける時に手間取らないためのポイントですね。

一般的には駆動する車輪にチェーンをかけると言われていますが、万全を期すなら全ての車輪にチェーンをかけるという人もいます。

ただ、チェーンは2つで1セットで販売されているため、全ての車輪に着けるとすると2セット購入しなければならず、割高になってしまうということで

前輪か後輪に着けるという方がほとんどのようです。

まとめ

スタットレスは場所をとるし、寿命があって値段が高いことから、チェーンを使うという方も多いかもしれません。

突然の積雪の時にササッと着けられるように、冬が近くなったら練習してみましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA