登山の服装はユニクロでもOK?メンズ、レディースのお勧めは?

tozan9
登山は今や若い人たちや女性にも人気の趣味の一つです。

しかし、登山用に揃えなければならないアイテムは意外と高く、エベレスト級の山を目指すには、数億円という単位のコストが掛かるようです。

そこで、身近にあるお店の中でも、ユニクロで代用出来るものを探してみましょう。

特に、身に着けるものはユニクロで十分揃える事が出来ます。

ユニクロのオンラインサイトで探せるアイテムも載せていますので、必要品をチェックしたら、足りないアイテムを探す時に参考にしてください。

《最後にユニクロ公式サイトのご紹介をしています》

スポンサードリンク


登山の服装のユニクロ

気温や天候が変わりやすい山の中では、どの服を着るかがとても大切になります。

登山に必要な服は、基本的に次の3種類を何枚かずつ重ねる事(レイヤー)です。

・ベースレイヤー(肌着など、最初に着ていく服)

ポリエステルなど化学繊維の素材が最適です。

肌触りの良さをプラスしたい場合は、ヒートテックやサラファインなどの素材を選びましょう。

綿素材は汗を吸いやすく着心地は良いのですが、乾くのが遅く、体が冷えてしまう原因となるので使わない方が良さそうです。

首周りを温調節出来るジッパー付きや、長袖が理想的です。

・ミッドレイヤー(真ん中に着る服)

肌着(1~2枚)の次に着るのが、ミッドレイヤーです。

普段着として着ても動きやすい、好みのシャツがこれに当たります

素材としては、薄手のフリースやインナーダウンが好まれているようです。

・アウターレイヤー(ジャケットやレインコートなど上着に着る物)

ウィンドーブレーカー・レインウェアなどが風や雨から体を守ってくれます。

大きめのポケットなど、小物を常備しやすいデザインがお勧めです。

また、長距離を歩くので、軽くて体の大きさに合った物を選びましょう。

登山の服装でユニクロのメンズ

登山の服装のユニクロでメンズにお勧めをご紹介します。

登山に必要な発汗性・防風に優れた素材で、汗をかいても乾きやすいアイテムを選んでみました。

スペア用に数枚持っておくとレイヤーとして使えるので、気温の変化にも万全です。

☆ヒートテック長袖フリース フルジップ ジャケット

1,900円(税別・送料別)

温かくて着心地の良いフリースです。

ミドルレイヤーとしてだけではなく、ジャケットとしても活躍してくれそうです。

色はベージュ・ダークグリーン・オリーブ・ブルーなど豊富な種類の中から選べます。

サイズはXSから4XLまでありますが、こちらはオンラインのみでの販売となっているため、近くの店舗に在庫確認が必要です。

☆ブロックテックパーカー

7,990円(税別・送料別)

耐久撥水・防風・防水・ストレッチ性を兼ね揃えた登山にピッタリのパーカーです。

色はブラック・ネイビー・ブルー・オレンジから選べてサイズもXSから4XLまであります。

おしゃれなデザイン、ボディーを雨風から守り、なおかつ保温をしてくれる登山のベストパーカーです。

スポンサードリンク


登山の服装でユニクロのレディース

ここでは、登山の服装のユニクロでレディースにお勧めのものを2点紹介します。

登山の時に動きやすく、防水加工・発汗性・保温性を兼ねた素材をピックアップしています。

☆ヒートテックエクストラウォーム クルーネックT

温かさはもちろん、シルクのような肌触りと着心地の良さを兼ね揃えた、ベースレイヤーにもミッドレイヤーにもピッタリの服です。

SXからXXXLまで、幅広くサイズがあり、色はオフホワイト・ブラック・ダークグレー・グリーン・ワイン・ネイビー・ブルーなど多数あります。
お値段は1,500円(税別・送料別)

何枚かまとめて買うと、スペア用やカジュアルにいつでも使えますね。

☆ユニクロ超軽量ダウンジャケット
S・M・L・XLサイズ

軽量で暖かいジャケットで、ウール50%、中綿にフェザー80%と保温効果抜群です。

腰の位置まである長めのデザインで、腰までしっかりカバーしてくれます。

色は黒・ネイビーから選べます。

お値段は5,990円(税別・送料別)

ヒートテックを裏地に使った温かいポケットは気の利いた優しいデザインの一つです。

今回ご紹介した商品は、ユニクロの公式サイトで掲載されている商品を参考に、ご紹介しています。

時期によっては取り扱いがない場合もありますので、商品の詳細等は公式サイトを御覧ください。

まとめ

今回は、トップに焦点を当てて検討していきましたが、ボトムはジーンズよりもカーゴパンツなどシッカリとした厚めの生地を選びましょう。

ジーンズはシッカリしているものの、雨などで濡れた時に乾きにくいという難点があるからです。

また、暑さ対策としては、7分丈のズボンを選んだり、ショートパンツとタイツを併せて着る事が出来ます。

動きやすさとレイヤーの上手な選び方が、楽しく登山をするキーポイントとなってきますので、ぜひ好みと必要に合った服装選びをしてくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA