雪道の運転のコツ!初心者はコレに注意するのが基本ですが!

yuki
冬になると、雪国では避けられない雪道の運転。

雪が降った日は、どうせなら外出を控えてコタツでぬくぬくしていたいものですが、やむを得ず外出せねばならず、仕方なく車のエンジンをかける…という方も多いでしょう。

慣れない雪道の運転、少しでも安全に目的地にたどり着きたいものですが、どうやって運転すればいいのでしょうか?

雪道の運転のコツについて調べました。

スポンサードリンク


雪道の運転のコツ

雪道の運転の鉄則は、「絶対に急発進、急ブレーキをしない」ということです。

急発進と急ブレーキは高確率でスリップを引き起こし、最悪の場合事故に至ります。

理想なのはゆっくりでもいいので、一定のスピードでブレーキをあまりかけないように進むことです。

濡れた路面や、雪が積もった路面では、車の制動距離が長くなるため、普段と同じようにブレーキを掛けても同じ距離では止まってくれないのというのを念頭に置いておきましょう。

また、前の車といつもより長めに車間距離をとることも大切です。

車間距離をしっかりとっていれば、仮に前の車が急に止まっても、ゆっくりブレーキをかけて停止するゆとりがあり、急ブレーキを踏まずに済みます。

突然雪が降ると、特に朝夕の通勤ラッシュの時間帯は、みんな低速運転をしていて、イライラして車間距離を詰めたくなってしまうものですが、これが命取りなのです。

雪国であれば大体の人が「雪が降ったら低速運転」というのをわきまえているので、言ってしまえばその人達の運転に合わせたスピードで車を走らせて、

しっかり車間距離をとっておけば大抵の場合大丈夫です。

合わせるといっても、交通違反や自分が安全に走れる速度を越える必要はありません。

仮にあおられたとしても、自分が安全に走れるスピードを保ちましょう。

雪道の運転が初心者ならどうする?

初心者で車の運転に不慣れなのに雪道を運転しなければならない…。

これはなかなかに過酷ですね。

突然公道に出るよりも、できるならば一度大きな駐車場などで練習をすることをオススメします。

普段の道と雪道とでは、制動距離がどのくらい違うのか、また、発進の仕方、アクセルを強く踏むとどのくらいスリップするのかなどを実験してみると、すこし慣れることができます。

また、いざというときのために、雪が降った日に周りに障害物がない場所で30キロくらいだしてABS(アンチブレーキングシステム)が正常に作動するかと、

作動した時の感覚を掴んでおきましょう。

どんなときにABSが役立つかというと、たとえば前の車とぶつかりそうになって急ブレーキを踏んだとすると、タイヤが回転を辞めてしまい、

ハンドル操作によって方向転換ができなくなります。

方向転換ができないということは、避けられるはずのものを避けられなくなるということですね。

これを防いでくれるのがABSです。

ABSが作動すると、ブレーキを掛けてタイヤの回転が止まった状態でも、ハンドル操作をすることができます。

ABSはついている車とそうでない車がありますが、ついている車なら、タイヤと路面の摩擦が少ない状況で急ブレーキを踏むとABSが作動します。

広い場所で練習といいましたが、練習で事故が起きたら元も子もないので、周りに障害物や人がいないか十分に確認してから練習をしてくださいね。

スポンサードリンク


雪道の運転で注意することは

他の車に対しては気を付けていても、意外と見落としがちなのが、歩行者や自転車です。

アイスバーンになっていたりすると、車のみならず、歩行者や自転車も通行するのが大変です。

突然転んだり、よろけたりすることもあるので、歩行者や自転車の横を通過するときは特に低速で運転して、すぐに止まれるくらいのスピードで運転したほうが良いでしょう。

雪道のカーブ内での加速や減速は車が不安定になりやすく、危険です。

カーブの手前で減速してから、カーブに入りましょう。

それから、タイヤによる圧雪のあとに道に突起ができる轍(わだち)はタイヤの自由を奪ってしまいます。

無理な車線変更は控えるようにして、交差点や車線変更をするときに轍に当たったり、踏み越えたりするときは特に注意しましょう。

また、自分が気を付けていても、周りで事故が起こるということもあり得ますね。

前の車がいつスリップや事故を起こすか分からないので、十分に車間距離をとりましょう。

自分が事故の当事者でなくても、目の前で事故が起こったりすると焦るものです。

目の前で事故が起こったら、とりあえずハザードランプを付けて停止し、様子を見ましょう。

事故を起こした人がケガをしているのであれば、もちろん警察や救急車を呼びます。

事故後の対応の為に運転者が車から降りてくることもあるので、無理に横をすり抜けようとするのは危険です。

運転者の安全が確認出来たら、落ち着いて別の場所に退避するなりしてから運転再開をしましょう。

まとめ

低速運転、車間距離を十分にとる、障害物に注意すること!

この3つを守って雪道の運転をしていきたいですね。

いくら気を付けても、気を付け過ぎということはない雪道。

安全に目的地にたどり着けるように、ゆとりを持って運転をしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA