チャイルドシートの義務の年齢で違反になるのは?免除される場合は?

tyairudosito1
日本全体は嬉しいベビーブームの到来で、明るいニュースが増えました。

それに因んで、ベビー用品にも注目が集まってきています。

子供連れで出掛けられる場所は意外と多く、多くのママ達の憩いの場所ともなっています。

さて、子供と車でお出掛けしたいパパ・ママが気になるのはチャイルドシートの使用です。

ここでは今一度、チャイルドシートの義務と免除について検証していきます。

親子の楽しいお出掛けにぜひ役立ててください。

スポンサードリンク


チャイルドシートの義務の年齢は?

チャイルドシートの使用は生後すぐから義務付けられており、年齢的には6歳未満はその使用が求められています。

その年齢の子供が乗るいずれの車にもこの義務が課せられるため、マイカーで、祖父母の車で、友人の車で、レンタカーであろうが、

子供が乗る車にはすべてチャイルドシートが必要です。

チャイルドシートの種類と年齢を見てみましょう。

■ベビーシート

新生児~1歳頃(新生児~体重9㎏)まで使用可能

進行方向に対して後ろ向きにセットして使用します。

首が座っていない新生児のボディーを優しくカバー出来るように背中部分に傾斜が付けられています。

■チャイルドシート

生後9か月頃~4歳頃(体重9㎏~18㎏)まで使用可能

進行方向に前向きにセットして使用します。

チャイルドシートに付属した両肩・両脇・股下の5点シートベルトでボディーをシッカリと固定します。

■ジュニアシート

3,4歳~6,7歳(15㎏~25㎏)まで使用可能

進行方向に前向きにセットし、車のシートベルトを調整して使い、ボディーをシッカリと固定する事が出来ます。

チャイルドシートの義務を違反すると?

この義務を軽視または無視するとどうなるのでしょうか?!

・罰金
ありません。

・減点
子供1人につき1点減点されます。

子供2人がチャイルドシート未使用の場合、2点減点になります。

・その他(助手席にチャイルドシートを設置)

違反ではありませんが、安全面から考えて後部席に設置をお勧めします。

満6歳になっていても身長が140㎝を目安として、体が十分シートベルトで固定出来ない場合や6歳以下で140㎝ある場合でも、

安全面を考慮して引き続きチャイルドシートの使用が求められます。

また、子供の年齢や体重に合わないチャイルドシートの使用も違反となります。

体重・年齢・身長などよく合ったチャイルドシートを使わなければなりません。

チャイルドシートを使う理由は、小さな子供の体格にシートベルトを合わせ、交通事故による大きな衝撃から大切な命を守る事にあります。

子供たちの中にはその理由を知らずに、ベルトを嫌がり外してしまう事があるので、きちんと説明しましょう。

また、友人など子供の親が運転していない場合、運転手が減点の対象になります。

誰かの車に乗せてもらっている場合は、運転手に減点が加えられないように、なお注意しましょう。

スポンサードリンク


チャイルドシートの義務が免除されるのはどういうとき?

チャイルドシートの義務が免除されるのは以下のような場合です。

・バスやタクシーに乗客として乗る場合

バスやタクシーは直前になるまで誰が乗るか分からないため、チャイルドシートの使用が免除されています。

・幼稚園などの送迎バスのように、予め子供用に座席が作られている乗り物

座席がチャイルドシートの使用が出来ない構造の場合免除される。

・車の乗車人数以内でたくさんの幼児をのせる場合

例えば、大人3人子供3人が乗る場合などで、チャイルドシートが車の構造上2つしか設置出来ない場合は、その使用が最小限(最年長者分、1個)免除される。

・体が大き過ぎて、または健康を損なう恐れからベルトで固定しない場合

例えば、アトピーなどで股間をベルトで圧迫すると症状が酷くなるような場合、チャイルドシートの使用を免除される。

・おむつ交換や授乳などシートにいてはお世話が出来ない緊急事態

運転手以外の人が子供のお世話に当たらなければならない状況では、その使用を免除される。

嫌がって泣いているからという理由では違反の対象になる。

その他の場合は、路肩や安全な場所に停めてお世話をする。

・救急搬送する場合

例えば、迷子の子供を警察に連れて行く時や、夜中に病状が悪化した子供を自家用車で病院に搬送する場合などは、チャイルドシートの使用を免除される。

まとめ

子供にしたら窮屈で縛られるシートに座らされるのは嫌でしょうが、何度も繰り返し使用する事で慣れてきます。

小さい頃は泣いて大変かもしれませんが、泣くと外してもらえると解釈しないように毅然とした態度で接します。(この癖を治す方がよほど大変です。)

大きくなってくると自分で外そうとする子供もいますが、安全のため必要であると言い聞かせ、おもちゃやお菓子で気を紛らわせたり、

音楽をかけてあげて、自然にルールとして守れるまで根気強く教えましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA