スーツの袖が長い時の直し方は?ボタンの位置もずれるけどどうすればいい?

su-tu
スーツを購入したものの、袖が長いので直したいと思っているそこのあなた。

今回は、スーツの袖の長さについて、袖の直し方やそのときのボタンの対処など、詳しくご説明してまいりましょう。

スポンサードリンク


スーツの袖が長い?

スーツの袖の長さについて、長いとか短いとか、標準的な長さは一体どのくらいなのでしょうか?

人それぞれ腕の長さやワイシャツの長さがあるので、一概にこれと言った長さは断言できませんが、

一般的には、スーツの袖丈から覗くワイシャツは、1~2センチほど見えていることが理想であると言われています。

しかしながら、ワイシャツの袖丈やカフスの大きさ、そして腕の長さによって、その人の理想的なスーツの袖の長さは変わってきます。

目安としては、スーツを試着した際、手首のくるぶしにスーツの袖丈を合わせると、長い袖のワイシャツでも短いワイシャツでも着こなせると思いますよ。

これは、皮膚とスーツが密着しないよう、汚れがつきにくいようにするためだと言われています。

一番良いとされているのは、同じ袖丈のワイシャツをスーツと併せて試着し買うことですが、そうもいかないですよね。

なので、手首のくるぶしに合わせて試着することをお試しくださいね。

スーツの袖の直し方は?

スーツを買ったはいいものの、やっぱり袖を直したい・・・とお悩みになる方もいらっしゃると思います。

お店に直してもらう場合、その長さによって金額は変わりますが、3.5センチより短ければ3,000円程度でやってもらえますよ。

しかし、それ以上長い場合は、ボタンの位置の関係もあり、デザインの変更なども加わるので、金額もおのずと上がってしまいます。

スーツの袖の直し方で、袖口の長さのみを変えるのであれば、自分でも簡単にできますよ。

まず、袖口を丁寧にほどいてください。

次に、短くしたい長さとその長さからプラス5センチほど残して切ってください。

そして、縫いやすくなるように表地と裏地にアイロンをかけます。

最後に、裏地にキセを5ミリ程度かけてまつり縫いをします。

これで完成です。

少し手間かもしれませんが、1、2センチ程度のお直しをお店に出してお金がかかってしまうなら、自分で直した方がお得かもしれませんね。

スポンサードリンク


スーツの袖のボタン位置はどうしたらいい?

問題となるのは、スーツの袖のボタン

袖丈を短くしたのはいいものの、ボタンとのバランスを見ると、結構不細工な見た目になってしまうこともしばしば。

ただの飾りでついているボタンについては、先ほど紹介した直し方で袖口を直し、ボタンを付け替えるだけで大丈夫です。

それでも、袖の部分が開く形でボタンがついてあるものに関しては、袖丈を変えるとそこも変えないといけないという問題が出てきます。

また、もうひとつの方法として、スーツの肩の部分を調節し袖丈をつめる方法もありますが、これはさすがに素人の私たちでは直すのはとても困難です。

この場合は業者に頼むことになるでしょう。

その場合の予算はいくらほどになるでしょうか。

袖口を直すとして、ボタンの位置を変えるのに大体ひとつ200円くらいだと考え、袖丈を短くするのに3,000円、例としてボタンが4つであれば両腕で8つなので、プラス1,600円、合計4,600円ですね。

肩の部分から直すとなれば、5,000円~6,000円ほどかかります。

頼む業者によっても金額に差は出てきますので、ご参考程度にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

スーツを購入するときは、しっかり試着をして、店員さんや専門の方とよく相談して決めましょうね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA