スーツの洗濯を自分でしても失敗しない?縮みやシワなくできる方法を公開

su-tu2
仕事でよくスーツを着る方、洗濯するのに困りませんか?

いつもクリーニングに出すのも出費がかかるし、かと言って自宅で洗濯するとなるとシワになったりしないのか心配ですよね。

今回は、スーツの洗濯についてご紹介していきましょう!

スポンサードリンク


スーツの洗濯を自分でするには?

そもそも、自宅でスーツを洗うとなるとどうなるのでしょうか?

自宅でスーツを洗うと、いろんなトラブルが起こる可能性が高いと言われています。

まず、スーツのかたちが変わってしまうということ。

縮んだりシワができたりすることで、スーツ全体の型が変形してしまうおそれがあります。

次に、色落ち

洗濯する前に色落ちテストを行うことが必須ではありますが、例えそこで色落ちしなかったとしても、スーツを購入してすぐの色と比べると、やはり色落ちは確実にあると言えます。

また、洗濯を重ねて行うことによって、スーツの光沢がなくなり、フェルト生地のように毛羽立ってしまいがちです。

生地がどうしても傷んでしまうのですね。

こういったように、スーツは自宅で洗濯となると不向きであることがよくわかりますね。

したがって、毎日洗うことは避けましょう。

スーツの生地にもよりますし、季節にもよりますね。

夏場であれば、よく汗をかくことから、1ヶ月に1~2回の洗濯が好ましいでしょう。

自宅で洗濯する場合は、事前の準備をしっかりしてくださいね。

まず、上下セットで必ず洗いましょう。

色落ちの度合いも上下で同じくらいでないと、スーツのバランスも悪くなってしまいますよ。

次に、必ず洗濯表示を確認してください。

ウール100%なのか、他にもカシミヤなどの種類が混ざっていないか、要チェックです。

自宅でできないときもあるので、その場合はクリーニングに出すようにしてください。

そして、色落ちテストを行ってください。

ティッシュや白い布に直接洗剤をつけ、スーツの目立たないところに付着させてください。

ティッシュや布に色がうつれば、色落ちする可能性があります。

最後に、ネットに入れるときは、スーツをたたんで入れるようにしてください。

それでは、洗濯機に入れて、ドライコースもしくは手洗いコースをポチッと押して洗濯です!

スーツの洗濯で縮みが出ないようにするには?

さて、縮みが問題として挙げられていますが、縮まないようにするにはどうすればいいでしょうか。

ウール素材のスーツであれば、水との相性がとても悪いです。

ウール素材だと、人間の髪の毛のようにキューティクルのようなものがあるので、水を含むことによってそれが開いてしまいます。

それを洗濯機で洗うわけですから、摩擦が生じてしまいますね。

これが縮みの原因になるのです。

したがって、水洗いは避け、自分で手洗いする、もしくは、洗濯機で洗う場合はドライクリーニングなど衣類に摩擦や負荷が起きにくいコースで洗うことをおすすめします。

また、デリケート衣類用中性洗剤という、いわゆるオシャレ着用洗剤を用いることで、キューティクルは開きにくくなるので、こちらの洗剤を必ず使用するようにしてくださいね。

スポンサードリンク


スーツを洗濯してシワになったらどうする?

シワができてしまうことも問題ですよね。

シワにならないようにするためには、洗濯が終わったらすぐに干すようにしてください。

たたいてシワを伸ばしたり、かたちを整えてハンガーにかけたりして、スーツの型をくずさないように干しましょう。

スーツが渇いたら、アイロンをかけます。

完全に乾いた状態でなく、少し湿った感触がある方がシワは伸びやすいですよ。

まとめ

いかがですか?

それでも、自宅で洗濯するのとクリーニングに出すのとは仕上がり度が変わってきます。

大切な行事前にはクリーニングに出し、普段の仕事用などでは自宅で洗濯する、といった使い分けも必要かもしれませんね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA