革靴の手入れは簡単です!100均や家にあるものを使ってやる方法はこちら

kawateire2
靴がピカピカな人を見ると、

「仕事ができそう」「清潔感がある」「きちんとしてそう」

とか、なんとなく好印象を持ちやすいですね。

いつもきれいな靴を履いていたいですが、手入れ用具を揃えるのはお金がかかるし面倒ということもありますね。

簡単に手に入るものや、身近なもので靴の手入れをするのにはどうしたらいいでしょうか。

スポンサードリンク


革靴の手入れを簡単にするには?

「革靴の手入れは頻繁にやらないといけないようで面倒…」

と思ってしまいますが、実は履きなれた靴であれば月1回程度、クリーナーで汚れを落としてクリームで栄養を補ってあげれば良いそうです。

ただ、本当に月に一回だけやればいいというわけではなく、ブラシを使って汚れを落とす簡単なお手入れは、使ったあとに毎回するのが理想です。

それから、雨が降った後に泥や水気をふき取るなどの手入れも、その都度やると靴が傷みにくくなります。

通常の靴の基本の手入れはこんなものです。

・ブラシで土や埃を落とす

・クリーナーとウエスを使って汚れを落とす

・クリームなどで栄養を補う

・ブラシやウエスで磨き上げる

・防水スプレーなどを吹きかける

・シューキーパーを使って靴を休ませる

こうしてみると簡単なのですが、忙しい毎日を送っていると億劫になりますし、用具を揃える必要があるとなるとお金もかかるし面倒ですね。

もっと簡単な手入れの仕方はないものでしょうか。

革靴の手入れを100均のものでできる?

革靴の手入れをもっと手軽に簡単にするのに活用したいのは100均のアイテムです。

100均では革靴専用のウェットシートが販売されています。

このウェットシートはクリーナーの代わりを果たしてくれ、汚れや古いクリームや靴墨を落としてくれます。

この革靴専用のウェットシートで軽く汚れをふき取ったあと、クリームを塗っていきます。

100均ではいろいろなシューケア用品が売っていますが、革の栄養入りで色のついたクリームがおすすめです。

靴屋さん曰く、革も人間の肌と同じで栄養が少なかったり乾燥したりするとひび割れてしまい、すぐにダメになってしまうので、栄養を定期的に補ってあげる必要があるのだそうです。

あくまで簡易的な方法ですが、手入れを一切せずに履くよりかは、このように簡単でも手入れをしたほうがピカピカの状態を保てますし、靴も長持ちします。

100均、特にダイソーはシューケア用品が充実していて、シューキーパーなども販売されています。

100円以上の商品ですが、他で揃えるよりかは安く済みますのでオススメです。

スポンサードリンク


革靴の手入れを家にあるものでするには?

繰り返し手入れをすると思うと、できればそこまでお金を掛けずに用具を揃えたいですね。

靴の手入れを出来るだけ安く済ませるにはこんな方法があります。

・底と靴を繋いでいる部分などの細かいところの汚れは使い古しの歯ブラシで落とす

・ウエスを着古したTシャツや要らなくなった布で代用する

・ちょっとした汚れをウェットティッシュでふき取る

・シューキーパーの代わりに新聞紙を丸めたものや、割りばしにティッシュやキッチンペーパーを付けたもので代用する

用具をいっぺんに揃えられないというときはあるもので代用するのもアリですね。

まとめ

靴以外にもワイシャツのアイロンがけやズボンのプレスなど、ビジネスマンやその奥さんは身だしなみを整えるにはやることがたくさんありますね。

できるだけ簡単に、清潔できちんとした印象を与えられるようにこなしていきたいものです。

簡単でもいいので靴の手入れを繰り返して、靴を長持ちさせてキレイな靴で仕事したいものです。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA