クリスマスのイルミネーションの自宅の飾り方は?電気代はいくらぐらい?

xmas irumineshon
ハロウィンが終わったら、すぐに街中はクリスマス一色になりますよね。

自宅でもクリスマスイルミネーションをしたい!と思っていても、どんなふうにすればいいのかよくわからないですよね。

そこで今回は自宅でするクリスマスイルミネーションのあれこれについてまとめてみました。

スポンサードリンク


クリスマスのイルミネーションを自宅にしたい!

クリスマスイルミネーションを自宅でするときに注意すべき点は

・電球やコードは屋外専用のものを購入すること

・漏電遮断器などの安全対策をとっておくこと

・コードが切れやすい場所や環境に配線しない

この3点が大切です。

クリスマスイルミネーションは自宅でするものと言ってもやはりそこは屋外。

電気にとって一番大敵なのは水です。

雨が降ってくる屋外で電気を使うわけですから、防水対策は一番気をつけるべきところなのです。

これを怠ると漏電による人体への感電や火事の原因となってしまい、場合によっては死亡事故につながる可能性があります。

次に気をつけるべきはコードのショート

こちらも火事の原因となります。

凝り過ぎて配線同士が絡み合い、絡まったコードやたまったほこりに熱がこもって発火したり、地面などにコードが付いていて

踏んだり引っかけたりなどして切ってしまうなども取り返しのつかない事故になるので注意が必要です。

スポンサードリンク


クリスマスのイルミネーションの飾り方は?

初めにクリスマスイルミネーションを自宅でする場合は、コストの面からも「LEDソーラークリスマスイルミネーションセット」を購入した方がいいでしょう。

セットなので一つ一つで購入するよりコストが安く、ソーラーなので電気代もカットできます。

説明書もちゃんとついているので素人でも電気工事なしで簡単につけることができますし、明るさセンサや人体感知機能なども付いた優れものも売っているのでとても便利ですよ。

そしてそれを飾ってみてから、「ここにあんな感じのものを増やしたい!」とレイアウトを考えて後から購入すると、勝手もわかってきてお金も無駄にすることなくきれいに飾ることができます。

窓を利用して、室内からイルミネーションを飾っているけど屋外からもきれいに見える、という手を使うのもおススメ。

こちらなら防水対策なども比較的気にすることなくきれいに飾れます。

本格的なイルミネーションをご希望であれば、業者に頼むのがおススメ。

安全対策もバッチリで、豪華なイルミネーションになりますよ。

クリスマスのイルミネーションを自宅ですると電気代はいくら?

クリスマスイルミネーションにかかる電気代は地域によって様々ですが、計算は簡単に出来ます。

現在使われているクリスマスイルミネーションのLEDライトは100個分で大体3ワット

電気料金の計算方法は消費電力(W)÷1000×使用時間×1kWh当たりの電気料金=イルミネーションの電気料金(円)

電気料金が1kwあたり23円の地域で2000個のLEDライトを17時から24時までの7時間毎日つけた時の1か月の電気料金は60w÷1000×7時間×30日×23円≒290円となります。

24時間つけっぱなしだったとしても1000円未満ということを考えると、・・・LEDを使えば本当に電気代は安く済むのですね。

1件のお家で2000個のLEDライトを使うと、結構豪華な仕上がりになるので、そう考えると電気代そのものは安くついてしまうものなのですね。

1か月の電気代の目安がわかれば1か月の予算の範囲内でライトを何球までつけるのか、点灯時間は何時から何時までにするのかが計算しやすいので、

各家庭の予算に合ったクリスマスイルミネーションを楽しむことができますね。

まとめ

住宅街を歩いていると見えるクリスマスイルミネーションは通るとついついうっとりと眺めてしまうもの。

安全性に気をつけて素敵にお家を飾りつけて下さいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA