ミルフィーユ鍋のコツで美味しく作るための味付け人気3選!

mirufhi-yu-aji
寒い冬がやってきました!

お鍋がおいしい季節ですよね。

皆さんはミルフィーユ鍋をご存知ですか?

たっぷりの白菜と豚肉を交互にお鍋に敷き詰めたものですが、今回はそのお鍋の味のバリエーションや美味しい食べ方についてご紹介してまいりましょう!

スポンサードリンク


ミルフィーユ鍋のコツで美味しい食べ方は?

基本の味付けとしましては、日本酒100cc、醤油大さじ3、本だし小さじ1、水200ccの割合のお出汁を作っておきます。

白菜と豚肉を交互に重ねて、お鍋の深さに合わせて大体3~4等分に切ります。

それをお鍋に敷き詰め、作っておいたお出汁を入れて、煮込むだけで簡単に調理できます。

お好みで、ごま油やにんにくなどを少量入れてください。

おすすめとしては、生姜を少し入れることで、さらに身体がポカポカあったまりますよ。

続きまして、お鍋に入れるときのコツも紹介していきますね。

まず、白菜は事前にレンジでチンして少ししんなりとさせておくと、水分を少量出してくれて豚肉と重ねても崩れにくくなり、お鍋にも詰めやすくなりますよ。

敷き詰めるときはできるだけ隙間ができないように、お鍋の中を白菜と豚肉で埋めてしまいましょう。

詰めすぎると味の染み込みが悪くなってしまいますが、お鍋を隙間なく埋めることで、荷崩れも防止できますよ。

次に、先に白菜を切っておいてから豚肉と重ねていくよりも、重ねてから具材を切る方が詰めやすく、具材も崩れにくくなります。

さらに、見た目にこだわりたいときは、お鍋の外側から中心に向かって、具材が渦をまくようにして詰めると、花が開いたようなかたちになり、見た目もとっても華やかになりますよ。

スポンサードリンク


ミルフィーユ鍋の味付け3選

さて、ミルフィーユ鍋が出来上がりました。

このままのお出汁で召し上がるのもとってもおいしいですが、アレンジ次第ではさらにおいしくなるかもしれませんよ!

では、美味しくなる3種類の方法もお教えいたしましょう!

まず一つ目に、お出汁を作る工程で、醤油は加えずにミルフィーユ鍋を作ってください。

そして出来上がったお鍋を、ポン酢で食べるのです!

シンプルですが、さっぱりとした仕上がりでおいしいですよ。

ポン酢だけでなく、大根おろしやネギの薬味も一緒に添えて召し上がってみてください。

次に二つ目、ミルフィーユ鍋を煮込むときに、ケチャップやトマトジュース、コンソメをプラスしてください。

洋風トマト鍋風のミルフィーユ鍋が出来上がりますよ!

隠し味にバターを少々入れてみてください。

一気にコクが出ますよ。

最後に三つ目、辛いお鍋が食べたいなぁと思った方におすすめなのが、キムチと豆板醤!

両方を少し加えてみてください。

こちらも辛味で身体がポカポカあったまりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

簡単に調理でき、さらにアレンジ方法もたくさんあるので、色々お試しになってくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA