冷凍保存に向いている野菜・向かない野菜と解凍の仕方のコツ教えます!

reitouhozon-yasai

野菜を買ったはいいけど、料理を一品作ったら、意外と他の料理に使う機会がなくて余ってしまった…自炊をしているとそんなこともよくありますよね。

冷凍しようにも、「これって冷凍してもいい野菜なの?」と迷ってしまうこともしばしば。

冷凍に向かない野菜と向いている野菜、おすすめの冷凍の仕方をご紹介します!

スポンサードリンク


冷凍保存に向かない野菜

そのまま冷凍するのには向かないと言われている野菜は主に水分の多い野菜もしくは葉物の野菜です。

例えば、キュウリ、大根、レタス、ナス、ほうれんそうなどです。

そのまま切らずに無加工で冷凍すると、調理しにくく解凍の際に水分が出てしまい、ベチョベチョクタクタになります。

そういった野菜は湯通し、もしくは塩もみしてから冷凍するのが基本です。

ジャガイモも生のまま冷凍すると、組織が壊れおかしな触感になります。

ですが、ひと手間加えれば全く冷凍できないというわけではありません。

これらの野菜を冷凍する時はひと手間加えましょう。

・きゅうり

薄い輪切りにして塩もみした後、水で洗い絞ってから冷凍する。

※解凍方法…室温解凍、もしくは冷蔵庫に移して解凍。

調理するときは十分に水を絞って酢の物やサラダなどにする。

・ナス

フライパンや魚焼きグリルでひっくり返しながら皮がこんがりするまで焼き、水に漬けて皮を剥いて冷凍。

※解凍方法…室温解凍、電子レンジで解凍、そのまま料理に投入。

解凍した後、焼きナスなどもおすすめです。

・大根

すりおろす、千切りにして塩もみして冷凍する。

1~3センチほどに輪切りにして茹でたあと冷凍でする。

※解凍方法…すりおろしや千切りは室温解凍のあと絞ってから使う。

輪切りはそのまま料理に入れる。

おでんなどは大根が軟らかくなるまで茹でると時間がかかるので冬場に大目に作って、おでんをするときに解凍すると調理がスムーズになります。

・ほうれんそう、キャベツ、白菜、小松菜などの葉物

サッと湯通しして水気を絞ってから冷凍する。

※解凍方法…室温解凍、電子レンジ、もしくはそのまま料理に入れる。

・じゃがいも

電子レンジで加熱したあと、皮をむいてすりつぶして冷凍。

※解凍方法…冷蔵庫に移して解凍。

もしくは電子レンジで解凍。

すりつぶして丸めたものに粉を付けておけば、調理の時に崩れやすいコロッケなどの調理も楽チンです。

・たまねぎ

千切り、みじん切りなどにして炒めてから冷凍。

※解凍方法…室温解凍、電子レンジで解凍。

もしくは料理にそのまま投入。

まとめて作っておけばカレーやスープなどのコク出しにも重宝します。

冷凍保存に向いている野菜

・トマト

そのまま冷凍か、すりつぶす、ざく切りにして冷凍。

そのまま冷凍した場合は、凍った状態で水に漬けて皮をむき、トマトソースなどにすれば缶詰のホールトマトのように使用できます。

※解凍方法…料理にそのまま投入。

煮込み料理やソースに重宝します。

・きのこ類

石づきをとって一口大に割いてから冷凍。

きのこ類は冷凍すると旨みがアップするのでオススメです。

※解凍方法…料理にそのまま投入。

冷蔵庫に移して解凍。

・ピーマン

千切りにしてから生のまま冷凍。

※解凍方法…電子レンジで解凍。

もしくはそのまま料理に投入。

・フルーツ類

イチゴ、ぶどう、パイナップル、バナナなどを一口サイズに切って保存。

※室温解凍してそのまま食べる。

凍ったままスムージーなどにすると美味!

スポンサードリンク


冷凍保存の解凍の仕方

解凍方法は上記のとおり、室内解凍、冷蔵庫にうつして解凍、電子レンジで解凍に分かれています。

野菜の種類と用途に合わせて解凍方法を選びましょう。

気になるのは保存期間です。

生で保存したものに関しては2週間ほど、加熱したものに関しては1か月程度と覚えておきましょう。

意外と短いように思いますが、冷凍保存したからといってずっと保存できるというわけではないようです。

なるべく早めに食べるようにしましょう。

まとめ

買い過ぎてしまったときなどに野菜の冷凍保存の方法を覚えておくと便利ですね。

いつも使うサイズに切って保存しておけば、まな板を汚すこともなくいつもの料理も簡単に出来そうです。

我が家ではきのこの石づきをとるだけの為にまな板を汚すのがいやなので、きのこを買ってきてからすぐに石づきをとって冷凍してしまっています。

意外と便利ですよ。

独自の冷凍レシピを編み出して楽しく料理しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA