袖口の汚れが中々落ちない時に効果のある洗濯方法と洗剤はこちら!

sode
襟や袖口の汚れは普段の洗濯では取れにくく、溜まると臭いや色変わりの原因になってしまいますね。

では、汚れが落ちない時や、洗濯の前後に出来る良い方法はあるのでしょうか?

今回はシャツなど袖口の汚れに重点を置いて検証していきます。

洗濯の手順と洗濯後のケアを分かりやすくまとめてみました。

また、自宅にある意外なもので袖口の汚れをサッと取る事も出来るので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク


袖口の汚れに効果のある洗濯の仕方は?

■油汚れ

袖口の汚れで最も多いのが、汗などの皮脂汚れです。

洗顔をする要領で、固形石鹸や洗顔石鹼を使って洗っていきます。

生地を傷めないように専用のブラシや歯ブラシなどを使って洗います。

■ガンコな油汚れ

生地に染み込んでしまった皮脂汚れには漬け置きが効果的です。

①皮脂汚れを浮かす原液を汚れた部分に直接付けます。

・酸素系漂白剤(色落ちが気になるものは使用不可)

・重曹+お湯(ペースト状にする)

・クレンジングオイル

・食器用洗剤

・ボディソープ

②40℃くらいの温か目のお湯に漬けます。

20分ほど漬け置きしておきます。

③洗濯機に入れて普段通り洗います。

■泥汚れ

子供が小さい時など袖口は泥汚れが酷いです。

泥汚れは、一旦天日干しで乾かしてから、ブラシで砂を出来るだけ掻き出します。

それから固形石鹼で事前に手洗いか漬け置きをして、通常通り洗濯していきます。

汚れの種類や程度に合わせて、洗濯前に処理しておくだけできれいに汚れを浮かし取る事が出来ます。

ぜひ、ここで挙げたようなアイテムを揃えておきましょう。

袖口の汚れにおすすめな洗剤は?

では次に、袖口の汚れに効果がある洗剤を見ていきましょう。

主に、ご主人様のワイシャツに使う物を取りあげています。

■酸素系漂白剤

漂白剤にはアルカリ性・酸性・弱酸性と種類があり、効果の大小があります。

効果が大きくても色落ちの原因になる素材もあるため、使用の際には説明書きを読んで十分に注意しましょう。

■ウタマロ石鹸

襟や袖口の頑固な汚れをシッカリ落としてくれる強い味方です。

蛍光漂白剤を配合しているので効果は大、使用は汗汚れ以外にも泥汚れや口紅など多岐にわたって良い評判を得ています。

■オキシクリーン(しみ抜きジェル)

エリやそでの黄ばみや汚れをスッキリ取り除いてくれるスプレータイプの漂白剤です。

ウールやシルク、ドライマークの素材には使用出来ませんが、大抵のシャツには対応出来ます。

効果と使いやすさが人気の秘密のようです。

■ドライニン(液体洗剤)

原液を汚れのひどい所に付けてしばらく置くと繊維の奥から汚れを引き出してくれます。

ドライマークの衣類にも使え、汚れもしっかりと落としてくれる人気の高い洗剤です。

スポンサードリンク


袖口の汚れを防止するには?

最後に、きれいに洗ったエリや袖口に汚れを着きにくくするいくつかの方法をご紹介します。

①ベビーパウダー

汗を吸収してくれるパウダーを袖口やエリの周りに叩いておくと、汗をシッカリと吸収してくれるという意見があります。

洗濯やアイロンの後、または着用前に軽くパンパンと叩いておきましょう。

②洗濯ノリをつける

ノリに汚れを予防する力がある事をご存じだったでしょうか?

エリやそでがパリッとノリ付けされていると見た目もきれいですし、汚れも予防出来ます。

③汚れガードテープ

特に、襟の汚れを事前にガードしてくれる使い捨てタイプのテープです。

多くの主婦の方が、同じ悩みを持って編み出された有力お助けアイテムです。

④ワックスやジェルを控える

髪の毛が首にあたる人の場合は、ワックスやジェルがエリにあたると黄ばみの原因になるので、控える事が出来ます。

⑤首や手首を念入りに洗う

皮脂がきれいに洗えていない事が原因で、黄ばみを作ってしまう事も。

いつもより念入りに洗ってみて、違いを発見しましょう!

まとめ

子供から大人まで毎日の生活の中で袖口の汚れは大小必ず生じてきます。

ここで挙げたような方法を知っているだけでも、事態が発生した時に落ち着いて解決する事が出来ます。

出来るだけ早いうちに汚れを取り除く事をお勧めしますが、一人暮らしや洗濯の日が数日あるいは数週間後まで来ない場合などは、

洗剤の入った専用のバケツを用意してお風呂場に溜めておく事も出来るでしょう。

黄ばみが気になる場合は、洗い桶などを使って漂白して置くだけで後日洗濯機に入れて普段通り洗えます。

それぞれの生活に合わせて、素早くきれいに洗える事が大事ですね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA