車の運転で腰痛にならない対策のグッズやおすすめのクッションをご紹介!


遠くへの旅行や仕事のでの長距離運転につきものなのが腰痛。

運転そのものが楽しくても、これがあるから長旅は嫌だ…という方も多いのではないでしょうか。

腰は一度壊すとクセになりやすいし、楽しい旅行を楽しめないなど弊害が出てきますね。

長距離運転で腰痛にならずに済むにはどうしたらいいでしょうか。

対策やグッズを調べました。

スポンサードリンク


車の運転で腰痛にならない対策は?

運転中の腰痛の原因は様々ありますが、多くは姿勢が悪いことによって引き起こされます。

腰の骨は正しい姿勢でいる時はS字を保っていますが、姿勢の悪い状態で運転を続けているとS字が崩れてしまった状態を保ってしまいます。

そうすると腰に長時間負担をかけることになり、腰痛を引き起こすのです。

こうしたことから一番簡単に出来る対策は、シートポジションを見直すことです。

人それぞれ運転にクセがあるので、正しいポジションからずれて前かがみになってしまっていたり、ハンドルから遠すぎるポジションになっていたりすることがあります。

ポジションに関することで腰に直接関係するのは、シートが体にフィットしておらず、腰が浮いていることです。

シートに浅く腰掛けていると腰が浮いてしまい、腰に負担がかかりやすくなります。

逆にシートに腰が沈み込み過ぎても腰に負担がかかります。

正しいシートポジションを確認してみてください。

1.初めにシートの角に腰をキチンと置いてから、ブレーキを踏んで足回りのちょうどいい所にシートを上下左右に移動する

2.メーターが見えるように、ハンドルの高さなどを調整する

3.ハンドルを持って、腕の周りの動きがちょうどいい所まで背もたれを調整する

また、詳しい動画などもありますので、検索して目で確かめてみると良いですよ。

車の腰痛対策のグッズでおすすめは?

腰が浮いた状態や、沈み込んだ状態が腰に負担をかけてしまい、腰痛に繋がると書きました。

自宅にあるもので、それを防ぐことができるのは、ズバリバスタオルです。

腰の浮いている部分や沈み込んでしまう部分にタオルを挟むと、S字を保つことを手伝ってくれて腰痛の緩和に繋がります。

逆にあまりオススメではないグッズはまさかの、コルセットです。

腰痛を持っている人ならお世話になったことがあるという人が多いとは思いますが、運転中にはあまりオススメできません。

重いものを持ったりするときなどには程よくサポートしてくれるコルセットですが、運転するときには逆に腰に負担をかけやすく、

締め付けによって下半身の血行が悪くなったりといいことはあまりありません。

腰にとってベストな状態を保ってくれるグッズには他にはどんなものがあるのか、次で見ていきましょう。

スポンサードリンク


車の運転で腰痛をやわらげるクッションは?

正しいシートポジションをとっていても、シートがやわらかすぎて腰の部分が沈み込んでしまったりすると腰痛の原因になってしまいます。

それを防いでくれるグッズにはこんなものがあります。

腰が浮くことと、沈み込むことの両方をカバーしてくれ、腰痛を防いでくれます。

このクッションを使うことによって限りなく腰の骨がS字に近い状態で運転をすることができ、疲れにくく運転中の腰痛を緩和してくれます。

車の運転だけでなく、長い時間を過ごす自宅の椅子やソファーでも活用したいクッションですね。

まとめ

とにかく腰を浮かせず沈ませず、一番いいポジションで運転すること!

腰痛の緩和にはこれに尽きるようです。

また、目の疲れによって上半身が前のめりになって、姿勢を悪くし腰痛を招くこともあると言われています。

一番は適度な休憩をとってストレッチをしたり、体や目を休ませることが一番ですね。

グッズを上手く活用し腰痛を忘れて、楽しいドライブにしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA