年末の大掃除の効率の良い手順をチェックリストをつかって最低限でおわらせるためには?

nennmatu souji
12月はとても忙しいですよね。

ただでさえ仕事も忙しいのに年賀状は用意しなきゃいけないわ、大そうじをはじめなきゃいけないわで・・・

せっかくなら効率よくささっと大そうじは終わらせたいもの。

そんな時は大そうじリストを作成して効率アップをはかるのはいかがでしょうか??

スポンサードリンク


年末の大掃除の効率の良い手順は?

大掃除を始める際、どうせなら効率の良い方法で始めたいですよね。

でも、効率のいい大掃除って、どんな手順なのでしょうか?

掃除に限らずですが、物事を効率よく始めるには優先順位が必要ですよね。

その優先順位を決める方法は「重要性と緊急性」

そして「面倒くさい作業から始めていく」ということ。

大掃除でこれを当てはめていくと、重要性と緊急性は「年末のような休みでないとできないもの」かどうか、と

「汚れ具合がひどく、すぐにでも掃除した方がいいであろう場所」を重点的にピックアップした方がいいでしょう。

そして大体の作業時間を推定し、一番時間のかかりそうな場所から始めていくのがいいでしょう。

おそらく、大概の家庭ではキッチン周りが該当することかと思います。

換気扇やコンロなどは一年分の油汚れや焦げ付きがびっしり詰まっている、というお家もあるのでは?

そういった厄介な掃除箇所は一番体力とテンションの高いうちに終わらせることが効率アップにつながるでしょう。

年末の大掃除にチェックリストを使ってみよう

大掃除の準備にチェックリストを作ってみるのはいかがでしょう?

作り方のポイントを教えますね。

まず、ざっと家の中を見渡して、掃除するべき箇所をピックアップします。

そして、先ほどの「重要性と緊急性」を考慮し、「一番作業時間がかかりそうなもの」から順番に並べていきます。

リストには掃除項目のほかに、おおよその作業時間、取り掛かる日時、必要な道具も明記しておきます。

家族全員で行うのであれば、担当の明記も忘れずに。

時間や日にちはあまりカツカツに詰めるのではなく、余裕を持って計算しておくことも大切です。

例をあげると

掃除項目   実施日   担当   所要時間  必要な道具など

換気扇掃除  12/5    ママ   3時間   重曹、クエン酸 ぞうきん

庭の手入れ  12/5    パパ   2時間   芝刈り機 ほうき ちりとり

お風呂掃除  12/12    A君    1時間 重曹 クエン酸 スポンジ

窓ふき    12/12    パパ   2時間  クエン酸 ぞうきん

こうすることで誰が、いつ、どこを、何の掃除をどの道具を使って何時間かけてやればいいのか具体的にわかりますね。

そう、5W1Hを活用するのがポイントなのです。

スポンサードリンク


年末の大掃除に最低限しないといけないのは?

とにかく時間がないから今年は最低限だけの掃除を済ませたい、という方は3時間ほどで出来る方法をご紹介します。

①掃除を始める時間、換気扇とコンロ・レンジにセスキ炭酸ソーダ水をたっぷりスプレーで振りかけて放置。(換気扇は取り外さなくてOK)

②お風呂に直行。カビと水垢のたまっている箇所にクエン酸スプレーをこちらもたっぷり振りかけて放置。

③洗濯機に向かい、セスキ炭酸ソーダの粉末をたっぷり入れた空の洗濯機を回す(洗いのみ、排水はさせないこと。)

④クエン酸スプレーと窓掃除用ワイパーを持って、窓にクエン酸を吹き付けてはワイパー、を繰り返して時短で窓を掃除する。

⑤室内の掃除機・拭き掃除・トイレ掃除を通常の掃除のようにこなす。

⑥洗濯機が止まっていたら、浮いているカビを排水溝用のネットを針金ハンガーにかぶせたものですくい、洗濯機を排水する。

⑦お風呂に向かい、クエン酸でとれたカビや水垢を洗い流す。

⑧最後にキッチンに向かい、浮いてきた汚れや焦げ付きをふき取る。

まとめ

本来効率よく大掃除をしたいのであれば、いつもの掃除プラスの「小そうじ」をマメにするのが一番。

わざわざ大掃除で時間を取られることなく、いつもきれいなお家が保てますよ。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA