正月の鏡開きはいつするの?餅の切り方や食べ方はどうすればいい?

syougatu kagamibiraki itu
お正月飾りの定番、鏡餅。

お正月の期間は床の間にちょこんと鎮座してお客さんたちを迎えてくれましたが、そのあとの処理ってどうすればいいか迷ってしましますね。

鏡餅の持つ意味合いやお正月が終わったらどうすればいいかをご紹介します。

スポンサードリンク


正月の鏡開きはいつ?

関東では鏡開きは松の内が明けた1月11日に行います。

松の内とは年神様が居る期間のことで、関東では1月7日までが松の内です。

関西では15日に松の内が明けるので、鏡開きも15日に行います。

そもそもなぜ「鏡餅」という名前がついているのかというと、毎年お正月には年神様という神様が各戸にいらっしゃいます。

その年神様の依り代(居場所のようなもの)となるのが鏡餅です。

本来は神様の依り代は丸い鏡なので、それを模して丸いお餅を飾り「鏡餅」と呼んでいます。

その年神様の居場所だった鏡餅に宿った力を、家族みんなで食べることで無病息災を願うのが鏡開きです。

実際は開くというよりもお餅を手で砕いたり、木槌で割っているのですが、「割る」という表現は縁起が悪いので避けて、末広がりの意味を持つ「開く」というふうになったそうです。

鏡開きの餅の切り方は?

鏡開きの元をたどると武家から始まった行事なので切腹を連想させる刃物はタブーということで、実は包丁で切ってはいけないのだそうです。

昔ながらの風習に沿って鏡開きをするとなると、木槌でお餅を叩いて割って食べるのが正しいやり方ですが

なんせお餅がパーン!と上手いこと割れるようにするには相当お餅をカチカチに固めなければなりません。

なかなか風習に習って鏡開きをするのも現代では難しいですね…

風習通りに実行するが難しいという場合が多いと思いますので、間をとって刃物を使わない鏡餅の分け方をご紹介しておきます。

・水に漬けて柔らかくする

ついてから時間が経っているとお餅が固まって、手で砕いたりするのも厳しいので、少し水に漬けるなどして柔らかくしてから調理することをおすすめします。

4~5時間ほど、水を張ったボールに入れてお餅を入れ、時間になったら水から出し、よく水を切ってからラップにくるみ1日ほど冷蔵庫で置くと、手で砕けるほどの固さになっています。

・レンジで加熱して取り分ける

意外と手っ取り早いのは電子レンジでチンしてからお餅を手で取り分ける方法です。

レンジにかけ過ぎるとお餅がデロデロになってしまうので注意しましょう。

取り分けるときは、手にお水をつけるとお餅がくっつきにくいです。

スポンサードリンク


鏡開きの餅の食べ方は?

レンジで加熱したり、水で柔らかくすることを想定すると、焼くよりも煮て食べたほうが良さそうですね。

シンプルにお雑煮に入れて、オヤツにおしるこにしても美味しいですね。

お正月の序盤にお餅を食べ過ぎて飽きてしまった…という方にはかき餅がおすすめです。

作り方はとっても簡単です。

砕いて一口サイズにしたお餅を油で揚げて、お好みの塩やコショウで味付けをするだけ!

お餅に残った水分が、揚げている最中にはねますので揚げるときは十分注意しましょう。

鏡餅の調理の前に気を付けておきたいのは、鏡餅に着いたカビです。

鏡餅に刃物は禁物とはいいますが…ここは仕方がないので包丁で切り落とすことをおすすめします。

お餅はカビの大好きな水分と栄養がたくさん含まれているのでカビが増殖してしまうのは仕方がないことです。

食べると人体に悪影響があるのでキレイにとりましょう。

事前にカビを予防しておきたいという場合は、日本酒や焼酎を染み込ませた布で毎日拭いてあげましょう。

アルコール消毒の力で、カビを予防できます。

まとめ

こうして見てみると、鏡餅にはいろいろな願いが込められていて、鏡を模した形だから丸いとか、刃物を入れてはいけないとか、「そんな由来があったんだー!」と驚かされますね。

子供にも教えてあげたい日本の風習の一つです。

鏡餅を美味しく食べて、年神様からパワーをいただき元気で健康に一年を過ごしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA