七草粥はいつ食べるのか?作り方で簡単なのは?合うおかずは何?

nanakusakayu tukurikata
お正月のごちそうで、疲れた胃腸をいたわる料理として
昔から食べられているのが七草粥です。

七草粥って、聞いたことはあるけど作ったりしたことは
ないという方も多いのではないでしょうか。

七草粥といっても、地域によって作り方や具材に差があるので関東地方を
中心とした、一般的なものをベースにご紹介します。

スポンサードリンク


七草粥はいつ食べるか?

七草粥は春の七草を刻んでお粥に加えたもので
1月6日の夜に準備をし、日人の節句である7日の朝に食べます。

なぜ春の七草がその時期に食べられたかというと、
春の七草は早春の頃に一番に芽吹く植物なので
邪気を払うことができるとされ、
その一年の無病息災を願って食べられたと言われています。

春の七草の、昔の呼び名と現在の呼び名は下記の通りです。

・芹(せり)
・薺(なずな)…ペンペングサ
・御形(ごぎょう)…ハハコグサ
・繁縷(はこべら)…ハコベ
・仏の座(ほとけのざ)…コオニタビラコ
・菘(すずな)…カブ
・蘿蔔(すずしろ)…大根

カブと大根など根菜が含まれていますが、
多くのご家庭では葉っぱだけを使って作るようです。

七草粥には邪気を払って万病を除くという意味合いの他に、
おせち料理で疲れた胃を休め、冬に不足しがちな栄養素を補う役割があります。

それぞれに含まれる大まかな栄養素や健康効果はこちらです。

セリには食欲増進と増血作用
ナズナには解熱作用と利尿作用
ハハコグサにはタンパク質が豊富で整腸作用がある
ハコベにはタンパク質とカルシウムと鉄分が豊富
コオニタビラコには整腸作用と高血圧予防
カブの葉には食物繊維やカロテン、ミネラルが豊富
大根の葉にはビタミンや鉄分、食物繊維が豊富

中には昔は薬草として食べられていたものもあります。
昔の人の知恵はすごいですね。

七草粥の作り方で簡単なのは?

簡単な七草粥の作り方はこちらです。

材料(2人分)
・ご飯  1杯分(150g)
・水  3カップ()
・春の七草
・しお  少々

1、春の七草を塩ゆでして細かく刻んでおく
2、鍋にご飯と水を入れて、沸騰したら10分ほど弱火でコトコト煮る
3、1と2を合わせてひと煮立ちさせて完成!

作り方は至って簡単なのですが、
問題は材料となる春の七草をどこで調達するかですね。

近所に生えていたとしても、どんな状況で育ったのか分からないし
ご近所さんが犬の散歩をしているところを見ると衛生が不安になってきます。

今では1月5日~7日頃にスーパーなどで、
春の七草をセットで扱っているところも増えてきていますので
そこで購入するのが手っ取り早いでしょう。

スポンサードリンク


七草粥に合うおかずは?

七草粥は7日の朝に食べるものとされているので、
大体の方が漬物やお浸し、おせち料理のあまりのかまぼこなどと
一緒に出すことが多いようです。

朝に食べるものとされてはいますが、ご家庭によっては家族全員が
揃って食事のとれる夕食に作るというところも多いようです。
「一応胃腸をいたわるために食べるものだし…」ということを念頭に入れて
焼き魚とお浸し、煮物料理などと一緒に夕食を摂るようです。

「また買い物に行くのも面倒だし家にあるもので何か…」ということでしたら、
七草粥で葉っぱだけ使った、大根とカブの根の部分を
使って料理をするのもいいですね。

大根ならば、しらすおろし、ふろふき大根、おでん。
カブならば、千枚漬け、そぼろあんかけ、ポタージュなどでしょうか。

育ち盛りのお子さんがいるご家庭では、野菜中心の食事だと
「え~、なんかものたりなーい!」と言われることもあるかもしれません。
特に七草粥に合わせてはいけない食材はありませんので、
そんなお子さんの声にこたえて、
お肉や揚げ物などを出すというご家庭もあるようです。

それぞれの家庭の生活スタイルに合わせてレシピを考えたいですね。

まとめ

ちょっとした病気が命取りだった昔は、健康に気を配ることももちろん、
邪気を払って家族の健康を願うなど、願うもしくは祈るということが
大事な家族を守るための手段とされていたのですね。

現代から考えると不思議ですが、
そうやって一家が団結していたと想像すると
なんだか穏やかな時代だったんだな~と思います。

七草粥を食べながら家族の元気な一年を願いましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA