車の汚れを放置して取れない時の落とし方は?線が付くのも防ぎたいときは?

白い車は特に汚れが目立ちやすく、雨の後などに汚れが黒く線のようになって残る事がありますね。

洗車の頻度にも寄りますが、洗車の仕方に大きな違いが出るようです。

今回は、車の汚れを着きにくくする洗車の方法と、付いてしまった汚れの取り方を検証していきます。

汚れを付き難くするヒントも最後にあげています。

ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク


車の汚れを放置するとどうなるの?

車の汚れと言っても花粉・水あか・鳥のフン・大気を汚染する空気中の様々な物質などがあります。

汚れがこびり付いてしまうと汚れを取るのに手間が掛かるようになります。

さらに塗装が取れる原因になってしまったり、水あかなど黒い線が垂れる事があります。

予防する方法はいろいろありますが、最も重要なのは青空駐車を避ける事です。

どうしても炎天下に駐車しなければならない状況の場合は、以下のような方法を試してみましょう。

■車のボディカバーを使用

ボンネット用・車体全体用など必要に応じてカバーを掛けると塗装を長持ちさせ、外部からの汚れを予防する事が出来ます。

安物のカバーは車体に傷をつける事になりかねないので、厚手構造や裏起毛など質の良いものを選ぶようにしましょう。

■雨上がり毎に乾拭き

水滴の中に含まれている汚れや油分が水分の蒸発と共に表面に残って水あかとなります。

車専用の大きめの「マイクロファイバータオル」を使うと吸水性が良く、楽に水分を摂る事が出来ます。

車のこびりついた汚れの落とし方は?

次に、ウッカリと放置してしまってこびりついた汚れを取る方法について検証していきましょう。

■水性汚れ

水やホコリなど付着しやすい汚れの代表的なものです。

洗車・シャワー・拭き取りで汚れを取る事が出来ます。

白か黒の車は汚れが目立ちやすいので、小まめなケアが必要になってきます。

■油性の汚れ

排気ガスや虫の死がいなど放置しておくと塗装にダメージを与えてしまう汚れです。

洗車(意外と台所用洗剤が有効)で汚れを取る事が出来ます。

乾いた虫がこびりついている場合は、水で柔らかくしてから拭き取りましょう。

■特殊な汚れ

塗装や金属粉、花粉や黄砂など時期的につく汚れがあります。

塗装に刺さっているため洗車では取れません。

金属粉専用の除去スプレーや除去粘土を使って抜き出す事が必要です。

■鳥のフン

放置しておくと塗装やボディに害が及んでしまいます。

1日以上経っている場合は、タオルを濡らして30分以上放置してから拭き取るようにしましょう。

また、電線下など危険な所への駐車は避けるようにしましょう。

スポンサードリンク


車の汚れで線が付くのを防ぐには?

洗車してもすぐに出来てしまうゴムが解けたような黒い線は水垢です。

サイドミラーや各窓下、ドアノブの辺りに出来やすいかもしれません。

このような、水が垂れたようにできる線を消す方法は以下のものを試してみてください。

①車専用のウェットティッシュ「フクピカ」で拭き取る。

②ウエスかマイクロファイバーに少量の「ジョイ」台所用洗剤を付けて拭く。

③水垢取り用のシャンプーを使って洗車し、ブラシ付きのホースでよくすすいでみる。

でもやはり予防が最大の解決策です。

キレイになった愛車をきれいに長く保つためには、ガラスコーティングや必要なワックス、コンパウンドなどボディと塗装をシッカリ上からコーティングするものが必要です。

初心者でも使いやすいのは、ガラスコーティング剤「スーパーゼウス」です。

税込8000円(100ml)とお値段は少し高めですが、専門に頼む事を思えば安くつきます。

まとめ

いかがでしたか?

キレイな車を維持するには、少しの手間と工夫が要りますね。

でも、洗車は愛車を長持ちさせるのに有効ですし、汚れをその都度拭き取れば簡単に手入れが出来ます。

また、雨風と鳥のフンを出来るだけ避けて駐車する工夫もしてみてください。

ピカピカの車をいつまでも大事に長く乗ってくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA