車の水垢がボンネットについたときの取り方はどんな方法?裏ワザはないの?

愛車を洗車してキレイにしたにも関わらず、車のボンネットの水垢が目立って、しかもそれが頑固で拭き取れずお困りの経験はありませんか?

簡単な水垢の落とし方があればなぁ・・・と思った方も多いと思います。

そこで今回は、車のボンネットについた水垢について、詳しくご説明してまいりましょう!

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク


車の水垢がボンネットについたときの対処の仕方は?

そもそも何故車のボンネットに水垢がつきやすいのでしょうか?

ポイントとなるのは、油分です。

水垢と聞くと、雨水や洗車の洗い残しかと思いがちですよね。

もちろんそれらも原因のひとつですが、排気ガスや工場の煙など空気中には微々たる量ですが油分が含まれており、その油分が雨水などに溶け、ボンネットに落ちて拭き取りづらくなるんですね。

また、ワックス剤も原因になる可能性があり、こまめにワックスがけができないと、ワックスにも油分が含まれていますので、水垢のつきやすい環境になってしまうのですね。

水垢の対処として、まずは水で流してあげましょう。

そして、指で軽くこすって拭き取ってみてください。

それでも取れなければ頑固な水垢ですので、次項で上手な水垢の取り方をご紹介しましょう!

車の水垢の上手な取り方は?

まずはじめに、晴天の日を避け、車を走らせた、または移動させた後でしたら、エンジンがさめてボンネットの温度も下がってから行うようにしましょう。

一番効果的であると言われているのは、こまめに洗車をすること。

きれいな状態を常に保持しておきましょう。

めんどうだなぁと感じる方もいるとは思いますが、後述したように水洗いして指で軽くこすり水垢を取っておくだけでも違いますよ。

ただ、水洗いや洗車したあとは、ボンネットに残った水などはきれいに拭き取ることを忘れないでくださいね。

雨の日は、雨粒に当たらないように工夫することも、きれいな状態を保つことにつながります。

まずはこういった日常的なことから始めてくださいね。

スポンサードリンク


車の水垢を取るための裏ワザは?

それでも汚い、水垢が目立つようになってきて気になる・・・。

という方に、裏ワザを紹介しましょう!

カーシャンプーなど購入しなくても、ご家庭にあるもので対応できるんです!

実は、台所洗剤がすごい力を発揮してくれるのです!

まず、台所洗剤を使って車の水垢用の洗剤を作りましょう。

洗剤1に対して、水100の割合に薄めておいてください。

先に車に水をかけておきましょう。

作った洗剤を柔らかい布やスポンジに付け、水垢が目立つところを優しく拭き取ってください。

最後に水で洗い流し、乾いた柔らかい布で水滴をすべて拭き取って終了です。

洗車となるとめんどくさいなぁと感じていた方も、これなら意外と簡単に取り組めますよね。

実はもうひとつ、ご家庭にある調味料でこの水垢もきれいになると言われています。

それは・・・お酢

こちらも水垢を落とす効果が期待されています。

しかしながら、車のボンネットやボディとなるとさびてしまう可能性もあるようなので、使用するときはガラスだけにしておいた方がよさそうです。

まとめ

いかがでしたか?

是非是非裏ワザを試していただきたいところですが、まずは車をきれいに保っておくことが大切です。

きれいな愛車でドライブ楽しんでくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA