正月太りの原因は?解消するダイエットは?

osyougatu futori daiet
年末の豪華な食事に加えて、お餅やおせち料理、
親戚が大集合したときに振舞われるお酒やおつまみ…
食の誘惑の多いお正月で体が重いなんて方も多いのではないでしょうか。

なかなかお正月休みほど長い休みをもらえることも少なく
どうしても家でゴロゴロ過ごしてしまい、運動不足で
お正月太りをしてしまったということもあると思います。

お正月太りを防ぐために対策をしておきましょう!

スポンサードリンク


正月太りの原因は?

「お正月太りの原因はお餅のカロリーが高いから!」と考えがちですが
お餅のカロリーは1個120kcalとそこまで高いわけではありません。

白いご飯のカロリーが茶碗一杯あたり240kcalですので、
お餅2個のカロリーと大体同じくらいなのです。
では一体何がお正月太りを引き起こしているのでしょうか。

実は、お正月太りの大きな原因はダラダラ食いにあるようです。
3食の食事の他に、こたつに入ったままテーブルの上に置いてる
ミカンやオヤツをお正月特番を見ながら何となく食べている…
というのが大きな原因のようです。

間食をなんとなくダラダラ続けているときに体の中では
長時間食事を続けることで胃腸が常に活動状態になっていて、
脂肪がどんどん蓄積されているのです。

更に「お正月はどこも混んでるし、出かけない」なんて状況も重なって、
運動不足が続くこともお正月太りに拍車をかけます。

ああ!考えただけで恐ろしいですね!

では、お正月太りを解消するためには、
どんなことをおさえておけばいいのでしょうか。
下記でご紹介していきます。

正月太りを解消するには?

お正月太りの原因、ダラダラ食いを防ぐためには、
まずそれぞれの食べ物のカロリーを頭に入れておく必要があります。
食べるときにそっと思い出してみてください。

・おやつ
お餅(1個)…120kcal
みかん(1個)…45kcal
おせんべい(1枚)…60kcal
ショートケーキ(1個)…350kcal

・おせち料理の中で高カロリーのもの
黒豆(40g)…140kcal
伊達巻(2切)…110kcal
栗きんとん(40g)…100kcal

・アルコール
缶ビール(350ml)…154kcal
日本酒1合…170kcal

お正月に食べるものといえばこんな感じでしょうか。

スポンサードリンク


おせちには上に挙げた以外にもエビや数の子、昆布巻きなどが
入っていますが、やはり砂糖を多く使って作られた黒豆、伊達巻、
栗きんとんが高カロリーのようです。

間食のおやつ類に関しても、やはりショートケーキはダントツで
高カロリーですが、せんべいとみかんはそこまで差はありませんね。

おやつにどちらを食べるか迷うという方には、食物繊維が含まれる
みかんのほうが、便秘の解消につながるのでおすすめといえます。
みかんにはビタミンも豊富ですので、暴飲暴食で荒れ気味のお肌にも
うれしいおやつですね。

親戚が集まってお酒を飲む機会も増えると思いますが、
同じお酒でも日本酒など、原料がお米のものは吸収されやすいので
ビールなどのほうが、どちらかというと太りにくいでしょう。

せっかくのお正月にカロリーを気にして食事やおやつを食べるのは
なんだか億劫な気もしますが、小さな積み重ねがお正月太りの
解消に繋がりますので、思い出してみてくださいね。

正月太りを解消するダイエットは?

一度ついてしまった脂肪を落とすには途方もない労力を必要としますが、
外出を控えたいお正月におすすめのダイエット方法は、
ズバリお風呂でのマッサージです。

お風呂に入ると、血行が促進され体内のめぐりが良くなります。
お風呂で全身をくまなくマッサージすることで、体の筋肉がほぐれ
代謝アップが期待できます。

特におすすめなのがリンパマッサージです。
耳の付け根、鎖骨、脇の下、足の付け根、膝の裏に向かって
その近辺についている脂肪を流すように揉んでいきます。

脂肪はもちろんですが、お正月で溜まった老廃物を排出でき、
むくみも取れて体もポカポカでぐっすり快眠でき
お正月休み明けのお仕事にも爽やかに出勤できること間違いなしです。

まとめ

ある調査によると70%以上の人が一度はお正月太りを経験しているそうです。
誰でも抱える悩みの一つなんですね。

長い休みで気を抜きがちですが、小さな心がけでお正月太りを防ぎ
爽やかな気持ちで新年をスタートさせましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA