梅雨でくせ毛に悩んでいる男の人必見!直し方とおすすめな髪型はコレ!


芸能人男性の髪型も進化してきましたね。

オシャレな髪型は時間が掛かると思い込んでいるかもしれませんが、コツさえ掴めばそうでもないのです。

くせ毛だからとあきらめてはいませんか?

くせ毛でも剛毛でも、その人に合ったヘアスタイルを見付けると、朝のセットが楽しく出来るようになります。

今回は、梅雨時期にも心配しなくて良いメンズのヘアスタイルを検証していきます。

パパッと直せるお直し方法も最後に挙げていますので、ぜひ参考にしてください。

それでは、早速見ていきましょう!

スポンサードリンク


梅雨でくせ毛が気になる男の人が悩んでいることは?

梅雨時期になるとヘアスタイルがきまらない、または崩れやすいという声をよく聞きます。

また、年齢別に見ていくと悩みの種類も年齢と共に深刻になっていくように思われます。

≪20代≫

・パーマや毛染めなどで髪にダメージが出る

・暴飲暴食や寝不足で髪や地肌に悪影響

≪30代≫

・ボリューム感が減る

・髪の毛のツヤが減り、髪が細くなる

・なんだか面倒

≪40代≫

・抜け毛や薄毛が出てくる

・髪型がきまらない

・夫婦間や子育ての疲れがストレスになる

・容姿を気にする時間が減りやすい

≪50代≫

・白髪や薄毛が目立つようになる

・体調不良や仕事のストレスで髪の健康が損なわれやすくなる

・親や孫の世話で疲れやすくなる

30代くらいから抜け毛などが心配になってきた方は、育毛剤を使う・シャンプーを変えるなど実際的な手段を早めに講じて、髪の健康を維持するように努めましょう。

今まで何もして来なかったという40代50代の人でも、気付いた時が吉日です。

くせ毛の男の人の直し方は?

前髪やサイドにくせ毛がある場合、セットした髪が湿気で丸まってしまったりうねってしまう、爆発してしまうなど悩んでしまいますね。

では、くせ毛を直す方法を見ていきましょう。

■縮毛矯正

パーマ液と熱の力で縮毛をまっすぐにする施術です。

パーマをかけたけどやはりまっすぐに直したい時にもこの方法で直します。

ある程度の髪に長さを保ちたい人や、短くしてみても縮毛が出てしまう人にお勧めです。

■ストレートパーマ

縮毛矯正と同じようにパーマ液は使いますが、熱を使わずコームでとかしてまっすぐに保つパーマです。

比較的簡単にまっすぐになるので、髪にダメージを与えたくない人や一度もパーマをかけた事がない人はおすすめです。

■ブローの仕方を変える

今までセットは手櫛だけで終わりだった人は、まっすぐにブローする他のアイテムも使ってみましょう。

①アイロン

髪を少しずつ取ってアイロンに挟み伸ばしていきます。

根元にヘアアイロンをかけると髪にボリュームが出ます。

②櫛とドライヤーの2つ

片手で櫛を当てながらドライヤーで丁寧に乾かしていきます。

■帽子で隠す

時間がない人や、面倒な事が嫌な人におすすめです。

ただ帽子を脱いだ時にアララ! 状態になってしまいます。

くせ毛でおすすめの髪型は?

くせ毛の人が気を付けたい髪型はサイドとトップのバランスです。

基本的には短髪が良いと言われていますが、髪の長い人でもバランスが良ければ爽やかなイメージをアピールする事が出来ます。

では、先ず短髪にする場合は以下のような点に気を付けます。

■ショート

・サイドの毛は超短め刈り上げるくらいが良いでしょう。

・トップの毛をどのようにまとめるかを決める。

(左右対称にする・分け目を付けてどちらかにボリュームを持たせるなど)

・髪を上にボリューム感が出るようにワックスを付ける

この時にワックスは保湿の役目も果たしてくれますから、自分に合ったワックスを選びましょう。

■ロング
長めの髪でも、くせ毛を生かしてカッコ良くセットする事が出来ます。

・前髪は分けるか、下ろして雰囲気の好きな方を選びます。

・耳周りは短め、耳を出す事でスッキリ感が出ます。

・色を変えます。

(茶系・アッシュ系を使うと柔らかい雰囲気が増します。)

■ヒゲ

髪のバランスをトップに持っていく分、ヒゲをキレイに伸ばす事で全体的なバランスが良くなります。

まとめ

梅雨時期には髪型以外にも何かとストレスが重なり、イライラしやすくなりますね。

セットしやすいヘアスタイルはその日の気分を上昇してくれるので、ぜひ一度プロのアドバイスや雑誌を参考に自分に合ったスタイルを探してみてください。

年齢ごとの悩みも加味しますが、その年齢なりの魅力がありますから、あきらめてはなりません。

個人的にはくせ毛もその人の個性ととらえて生かしてほしいと願います。

では、今後も仕事に家庭に、常に元気なメンズを目指していきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA