梅雨に前髪のうねりを抑えるには?外出先ではどうやって直す?


梅雨時期から夏場にかけてくせ毛の悩みは多くの人が抱えています。

特に、前髪がセットしても湿気で跳ねたりうねったり、嫌になってしまいますね。

今回は、湿気と前髪のうねりの関係、そして対処方法を検証していきます。

出先でも簡単にくせ毛を治す事が出来るのでぜひ参考にしてください。

では、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


梅雨に前髪のうねりが気になる!

では先ず、うねりの原因から見ていきましょう。

■毛根の歪み

年齢や毛染めなど髪や毛根にダメージが大きくなる事で毛根が歪んでくせ毛が生えるようになります。

また、紫外線による毛根のダメージも大きいので、帽子や日傘で紫外線対策をしましょう。

■食習慣

無理なダイエットやタンパク質の不足、アルコールの摂り過ぎなどは毛根や健康な髪の毛の大敵です。

卵・牛乳・肉・魚・米・大豆などなど優れたタンパク源を偏らないように食べるようにしましょう。

■寝不足・ストレス

お肌と同様に地肌が荒れる原因の代表が寝不足です。

質の良い睡眠を十分にとるように工夫が必要になってきます。

■水分不足

モイスチャー成分の高い洗髪剤や整髪剤を使うようにしましょう。

また、いつも髪を後ろでシバっているとサイドの髪が引っ張られるので、後ろでくくる場合は少し毛に柔軟性を持たせてゴムで止めると良いでしょう。

■血行不良

肩こりや頭痛など血の循環が悪いと頭髪にも影響が及んでしまいます。

正しい姿勢や、ストレッチなど血行を良くするように日頃から気を付けましょう。

前髪のうねりを抑えるには?

前髪のうねりを抑えるコツは洗髪後の乾かす方法にあります。

以下の点に注意して、うねりを抑えるヘアドライに努めましょう。

①完全によく乾かす

タオルドライを十分にしてから、うねりが出やすい前髪を乾かしていきます。

ブラシを使うと髪を傷める原因になるので、手櫛で優しく乾かします。

②後頭部や毛先を乾かします

温風で全体的に8割ほど乾かします。
この時も手櫛で優しく乾かします。

冷風で残りの2割を乾かします

うねりの出やすい前髪サイドの髪を指で挟んで引っ張りながら乾かします。

髪のダメージがヒドイ場合は保湿剤やヘアオイルなどを毛先を中心に付けてからドライヤーをします。

④シャンプーは地肌や髪に優しい「せっけん系」か「アミノ酸系」のものを使う

「アルコール系」のシャンプーは髪や地肌に優しくないので使わないようにします。

⑤自然乾燥はしない

洗髪後にタオルで巻き上げて乾かす方法もありますが、その時に出来たうねりはなかなか取れにくいものになってしまうので、出来るだけ早めにキチンと乾かすようにしましょう

前髪のうねりを外出先で直すには?

最後に出先でくせ毛を治す方法をあげていきます。

これらのアイテムをバッグに入れて置くだけでパパッと前髪を直す事が出来ます。

お気に入れのアイテムを見付けてくださいね!

花王 リーゼ 髪のお直しシート

花王が推奨するお直しシートが人気です。

使いたい時にシートを取り出して、髪になじませるだけでまっすぐになります。

くせ毛の時はもちろん、焼肉の臭いを取りたい時にも大活躍してくれます。

バッグの中に常備しておきたいアイテムですね。

■ヘアオイル

ラサーナから出ているヘアオイルが人気です。

使いやすいコンパクトタイプのヘアオイルを持ち歩くといつでもお直しが出来ます。

洗い流さないタイプのリンスですからシャンプーの後にしっかりと潤いを与えて髪に栄養とモイスチャー成分をプラスする事が出来ます。

■カーラー

前髪に1~2個のカーラーを巻いて5分ほど放置してゆっくりと取り外すと前髪がまとまります。

お化粧を直したい時などに、前髪を上げておくとお化粧もしやすくて一石二鳥ですね。

まとめ

梅雨時期には髪が乱れやすく直しにくいという人も多いですが、今回挙げた方法は役立ちそうでしょうか?

パーマを全体にかけてクシュクシュ・ヘアをしてみるのも一つの手段ですね。

憂鬱な季節だからこそ、特別なアイテムで毎日元気に過ごしましょう!

また、地肌の健康が食生活や寝不足など生活全体に繋がっている事を考えると、この機会に生活習慣を再度見直して直せる分野を直す事も健康な髪に繋がると言えるかもしれません。

キレイな髪でお過ごしくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA