紫外線で顔が痛くてヒリヒリして赤みがあるときに化粧水をつけてもいいの?

紫外線でダメージを受けてしまった顔がヒリヒリして痛むとき、皆さんはどんなケアを行っていますか?

ヒリヒリするし赤みもあるし、どうすればいいかわからず化粧水をつけている方も多いのではないでしょうか。

今回は、紫外線で顔が痛いときのケアの仕方を中心にお話を進めてまいりましょう。

スポンサードリンク


紫外線で顔が痛いときはどうする?

紫外線を浴びたのが原因で顔が痛いとき、顔を冷やしたり化粧水をつけたりするのが多いと思います。

しっかり冷やしてしっかり保湿することが大事になります。

しかし、中にはただ日焼けしたことが原因であると言えないときもあります。

長い時間外出したわけではないのに顔が赤くなりヒリヒリしたり、日焼け止めをきちんと塗ったのに顔が赤みを帯びたり、かゆみを感じたり発疹が出たりする場合もあります。

このときは、もしかしたら日焼けが肌に合っていないか、もしくは紫外線アレルギーなのかもしれません。

この場合は、早めに原因を突き止めて対策をする必要がありますので、医療機関に相談に行きましょう。

顔がヒリヒリして赤みがあるけどどうやって抑えればいい?

顔がヒリヒリ痛くて赤みがあるとき、まずはしっかりと冷やしてあげましょう。

日焼けをしたということは、実はちょっとしたヤケドをしてしまったときと同じ状態になってしまっているのです。

ヤケドのとき、すぐに流水で患部を冷やしますよね。

それと同様に、冷水で濡らしたタオルや保冷剤を包んだタオルを日焼けした部分に当ててあげましょう。

注意したいのは、氷や保冷剤を直接肌に当てないこと。

しもやけのおそれがあるので気をつけましょう。

それから顔の保湿のために化粧水をつけたりパックをしたりしましょう。

顔が痛い時に化粧水をつけてもいいの?

顔がヒリヒリと痛む、早くケアをしたい、すぐに化粧水をつけたい・・・と思うのが本音ですが、先述したとおり、まずは顔を冷やしてあげましょう。

しばらく冷やしてあげて、顔の痛みがとれてから化粧水をつけましょう。

日焼けした肌は乾燥しやすく、シミの原因にもなりますので、化粧水で肌の水分補給をして、乳液で保湿してあげましょう。

コットンに化粧水を染み込ませて、パックのように顔に張り付けて保湿することもおすすめです。

化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておき、ヒリヒリして赤みのある顔につけるとヒンヤリ気持ちいいですよ。

また、消炎効果や保湿効果、さらにメラニンの増殖を抑える働きがあると言われているアロエの成分が含まれたパックを使用することもおすすめですよ。

是非やってみてください。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

日焼けして顔がヒリヒリ痛むときはまず冷やし、それから化粧水で保湿してあげましょう。

腕や脚などの場合は、シャワーで冷水を浴びるといいですよ。

日焼け後のケアもしっかりしてくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA