紫外線で目が日焼けで痛いときの対処の仕方は?目を守る方法は?

春や夏、ポカポカ陽気で外出する機会も多くなりますが、紫外線が気になる季節でもありますね。

皆さんは日焼け対策をしっかりされていますか?

顔や腕などの体に対する日焼け対策は入念にしているけど、それだけで大丈夫でしょうか・・・?

実は肌だけでなく、目も日焼けしてしまうんです!

今回は、目の日焼けについて詳しくお話していきましょう!

スポンサードリンク


紫外線で目が日焼けするの?

紫外線を浴び続けていると、肌は黒く日焼けしたりヒリヒリしたりしますよね。

それと同様に、紫外線を浴びると目も日焼けをするんです。

目が紫外線を浴び続けることで、目の病気につながり、充血や痛み、涙が出る角膜炎を起こしたり、水晶体が傷つき白く濁って視力が低下する白内障を起こしたり、充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労から視力障害に陥る可能性がある翼状片を起こしたりもします。

病気にもなりやすくなりますが、目の老化も進めてしまうと言われているので、目に対しても何らかの日焼け対策をしなければならないと言えますね。

目が痛いときの対処の仕方は?

次に、日焼けで目が痛いなぁと感じたときの対処法をお教えしましょう!

太陽光をいっぱい浴びたと思ったらすぐにケアをするなど、こまめに対処していくことが大切です。

目を冷やすこと、目を休ませること、目薬をすることを習慣的なケアにしましょう。

目を閉じるだけでも目を休ませることにつながりますよ。

少しでも目に疲労感を覚えたときは、数十秒でもいいので、目を閉じてみてください。

ちょっとの時間、ちょっとの時間で休ませることは可能です。

目をいたわってあげましょうね。

スポンサードリンク


紫外線から目を守るには?

では最後に、紫外線から目を守るための方法をご紹介していきましょう!

最も有効であると言われているのは、紫外線カット加工をされたメガネやサングラスをかける方法です。

これを使用することで、80~90%の紫外線をカットできると期待されています。

しかしながら、紫外線カットと雖も、その表記の仕方はメーカーそれぞれで統一されているわけではありません。

したがって、それぞれの表記をきちんと理解し、自分に合ったメガネやサングラスを選択してくださいね。

他には、日傘をさすこと、ツバの広い帽子をかぶることで紫外線が目に入るのを防ぐ方法もありますよ。

また、外から紫外線を防ぐこととあわせて、体内からもケアをして日焼け対策を行えますよ。

アントシアニンは、疲れ目や視力低下に効果があると言われていて、さらに、紫外線などの光のダメージから植物を保守する効果もあるので、同じく紫外線のダメージを受けた目にも効果が期待されています。

ブルーベリーに多く含まれているので、積極的に摂取したいですね。

まとめ

春は紫外線がキツいと言われているし、夏は日差しが強いので、この期間だけ気をつけていれば大丈夫!・・・と考えがち。

実は、紫外線は晴れの日でも曇りの日でも地上に降り注ぎます。

季節関係なく、天気関係なく、毎日のケアが大切になるので、対策をしっかり行ってくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA