スマホ対応の手袋が反応しない!それなら仕組みを知って自分で改造しちゃおう!

sumaho tebukuro
老若男女問わず、今や生活の必需品にもなりつつあるスマホ。

最近では冬になると、コンビニなどでも販売されている手袋をはめたままでも操作できる、スマホ手袋が人気です。

スマホ対応手袋の仕組みや、お気に入りの手袋をスマホ対応手袋に改造する方法などをご紹介します。

スポンサードリンク


スマホ対応の手袋が反応しない!

冬に道で立ち止まってスマホを操作しようとしていちいち手袋を外すのはめんどうだなぁ、と思って購入したスマホ対応の手袋。

「はめてみたらなんと、手袋したまま操作ができない!」

または、

「さっきまでは反応していたのに反応しなくなった!」

これは不便だし腹立たしい!お金返せー!と言いたくなる気持ちも分かります。

本音を言うとスマホ対応の手袋はあんまり気に入るデザインも少ないし、本当は別のお気に入りの手袋をはめたいのに…と一気に不安が噴出してきそうです。

そもそもどうして、普通の手袋では反応しないのにスマホ対応手袋は出来ちゃうんでしょうか?!

下で詳しく見ていきます。

スマホ対応の手袋の仕組みはどうなってるの?

スマホを触っていて、指やタッチペンだと反応するのに爪やペンには反応しないのって不思議だなぁと感じたことはありませんか?

実はスマホの液晶は指に反応しているというよりかは、指とスマホの画面の間の電気がに反応していて指で触れることその電気が動き、端末がそれを読み取ることで操作ができるという仕組みになっています。

スマホ対応手袋には「導電糸」という糸が組み込まれていて、この導電糸というのは名前の通り電気を伝える素材のことです。

指が持つ電気をこの導電糸が画面に伝えることで、手袋をした状態でも画面に電気を伝えることが可能になり、スマホが操作できる仕組みになっています。

普通の手袋にはこのように電気を伝える役割をするものがないので、スマホには反応しないのです。

これらの仕組みを踏まえた上で、スマホ手袋が反応しなくなった理由を考えてみると下記のような理由が思い浮かびます。

・サイズが合っていなくて指が導電糸が組み込まれている部分に達していない

・安いものを買ったら指の先の部分にしか導電部分が組み込まれていなくて、指のあたりどころが違っていた

・長く使っているうちに導電部分が劣化した

・そもそも不良品だった

といったところでしょうか。

どれが原因だったにせよ、不便ですし早く手袋を修理して使えるようにしたいものです。

次の項ではスマホ対応手袋への改造方法をご紹介しています。

スポンサードリンク


手袋をスマホ対応に改造しちゃおう!

反応しなくなったスマホ手袋を直してもいいのですが、この際お気に入りの手袋をスマホ対応手袋に改造してみるのも便利だし好きなものを身に付けられるし理想的ですね。

気になるのは材料の調達方法なのですが、実は上に書いた「導電糸」は実は買うことができるんです!

この購入ページにも縫い付け方の例が載っていますが、ページの写真ような感じで、目立たないように点で縫い付けてもよし、広範囲にということなら×印に縫い付けて使い安くと用途に合わせて縫う面積を調整できます。

縫うときに手袋を裏返して針を通すのが少し面倒ですが、スマホをいじる指はだいたい利き手の人差し指と親指くらいなものですべての指に縫い付ける必要はないので、最低2本分縫い付ければOKです。

裁縫に無頓着な男性や、自信がないという女性におすすめしたいのは手袋の指に塗るだけでスマホ対応手袋になるというスグレモノの「nano tips」です。

ホワイトが革製品用(中身は黒なので商品名はブラックです)、ブルーが布製品用です。

nano tipsブラック 革製品用

nanotips BLACK 革製品用 新品 並行輸入品

nanotips BLACK 革製品用 新品 並行輸入品
価格:4,320円(税込、送料別)

nano tipsブルー 布製品用

nanotips BLUE 布製品用 新品 並行輸入品

nanotips BLUE 布製品用 新品 並行輸入品
価格:3,542円(税込、送料別)

導電糸に比べてお値段はややお高めですが、作業は簡単になります。

これでお気に入りの手袋でスイスイっとスマホを操作できますよ!

まとめ

寒空の下、外回りで取引先との連絡をするビジネスマン、友人との連絡やSNSなどにいそしむ学生さんたちの強い味方であるスマホ対応手袋。

この先スマホとは長い付き合いになりそうなのでより便利に使えるように、自分でカスタムしてみてはいかがでしょうか。

寒い冬、あったかスマホ手袋を使って暖をとりましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA