年末調整と確定申告を副業の場合は必要なの?違いは?両方するの?

nenmatutyousei fukugyou hituyou
年末が近づいてくると、会社で総務の人の

「年末調整の用紙を早く出してください」

という声を耳にして、毎年言われるがままやってきたけど、「一体年末調整ってなんなんだろう?」

とお思いの方も多いのではないでしょうか?私もそうでした。

特に、

副業をはじめたけど、確定申告ってしたほうがいいの?

基準は一体なんなんだ!

こんなご時世ですから、副業を始められた方は特に悩むのではないでしょうか?

そこで、年末に向けてざっくりと年末調整と確定申告をおさらいしておきましょう。

スポンサードリンク


年末調整と確定申告を副業の場合必要?

大体の人が会社での源泉徴収と年末調整で所得税の計算が済みますが、

副業をしている方の中で副業での所得合計が20万円を超える方は確定申告をする必要があります。

副業と言われて思い浮かぶのはアフィリエイトや原稿料、賃貸マンションなどの不動産収入です。

アフィリエイト、原稿料、FX取引による収入は雑所得という分類になります。

ただし、

これが20万円を超えない場合は確定申告は不要です。

これらの副業での所得は支払う事業者側が報酬等を税務署に

報告しているため、確定申告を怠ると追徴課税されてしまい

ペナルティとして遅延税などを支払わなければいけなくなることもあります。

確定申告の用紙はAとBの2種類あり、

不動産賃付や売却、株の売却、個人事業はA

年金、保険料、株の配当、アルバイト、原稿料はB

の用紙に記入します。

スポンサードリンク


年末調整と確定申告の違いは?

会社員や公務員の方は、会社からの給料からあらかじめ税金を差し引かれています。

これを源泉徴収といいます。

源泉徴収としてあらかじめ引かれているものの、その納税額は確定したものではないため、

年末に納税額が確定してからもらい過ぎていた分は還付し、不足した分は調整します。

これが年末調整です。

「会社がそこで働いている人の分の納税をまとめて計算して報告してください。」

という制度ですので、個人事業者やフリーランス、副業をお持ちの方が確定申告とは上記に挙げたような、

会社で源泉徴収を年末調整によって所得税を確定されていない分の収入や経費を集計して所得と納税額を確定させることです。

会社がやってくれていますが、年末調整も確定申告の一部と言えます。

「確定申告って難しそうだし、何から手をつけていいのか分からない…」

という方も多いのではないでしょうか。

とりあえず、自分の地域を管轄している税務署を調べてみましょう。

書店や図書館にいくと、確定申告の書籍も多くありますが、人に聞いたほうが早そうだという方は、

確定申告時期を狙って税務署の無料相談で分からないことを聞いてみるのも一つです。

年末調整と確定申告の両方するの?

サラリーマンとして給料をもらいつつ、アルバイトやアフィリエイト、原稿料などでの副業の所得合計が

20万円以上の方

は確定申告の必要があります。

メインで給与をもらっている会社で年末調整があった場合は収入金額と源泉徴収税額を記入する欄があります。

源泉徴収票をもとに記入しましょう。

原稿料などについては年末から1月にかけて支払調書が送られてくることがありますのでそれを見ながらかかった経費も合わせて記入していきます。

まとめ

確定申告をしなければないのに怠るとペナルティがあると聞くと、恐怖すら感じますが、

きちんと自分が該当するかを把握しておけばするときも、しないときも安心できそうですね。

ややこしさもありますが、回数を重ねれば慣れていきそうです。

時期が来る前に知識を集めて、万全の状態にしておきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA