スタッドレスタイヤの寿命の年数は?距離は?溝は?

sutaddoresu jyumyou
毎年使っているけど、スタッドレスタイヤの寿命ってどのくらいなんだろう。

ふと疑問に思うこともありますね。

車検を受ける季節が冬であれば、もしかしたら定期的に見てもらえるかも知れませんが、時期ではない時だと誰の目にも触れずにいるかもしれません。

気が付いたときには雪も降ってきて、変えようと思って店に行ったら「買い変えた方が良いですよ」なんて言われて、急な出費に驚くかもしれません。

スタッドレスタイヤの寿命や交換時期、どこを見て判断するかなどをまとめました。

スポンサードリンク


スタッドレスタイヤの寿命の年数は?

スタッドレスタイヤの寿命は一般的には3~5シーズンと言われています。

これに従って年数に直せば2~3年といったところでしょうか。

3~5シーズンってずいぶん差があるよなあ…という気がしますが、これはタイヤの保管状況の違いや運転の癖などで違いが出てくるからであると言えます。

また、スタッドレスタイヤの特性は柔軟性であり、その柔軟性が路面との摩擦を増やすことによって性能を発揮します。

年数が経つとゴムが硬くなってしまうい柔軟性が損なわれ、摩擦が減って制動距離が長くなってしまいます。

ですから新品のタイヤであっても、年数が古過ぎるものはあまりおすすめできません。

いざ、タイヤの購入となると安さを優先して買ってしまうものですが、ブレーキを踏んでも短い距離で止まってくれなくなっては最悪の場合事故に至ってしまいます。

自分で経年劣化はおさえることは出来ませんが、少しでも長く使うために自分で出来る対策はこちらです。

・保管状況を見直す

直射日光や雨が当たらない風通しの良い場所に保管しましょう。

タイヤは温度差が激しく、湿気の多い場所が苦手です。

日光に当たるとタイヤを柔らかくするためのオイルが揮発してしまいタイヤが硬くなる原因にもなります。

屋外に置く場合はこれらの条件の揃った場所に、カバーをかけて置きましょう。

・保管するときは空気圧を下げる

タイヤを保管する時に、空気圧を下げてホイールを外して保管しましょう。

空気圧を下げるとゴムが張った状態から解放され、劣化しにくくなります。

・運転の癖を直す

カーブで減速しなかったり、急発進、急ブレーキを続けているとゴムがすり減り寿命が縮まります。

安全運転を心がけましょう。

スタッドレスタイヤの寿命の距離は?

ドライブが好きな人だと、月に何千キロも走ることがあるし、通勤や休日に近所に買い物に行くくらいの人だと距離を走らないし

何シーズンくらい、何年くらいに交換と言われてもそもそも使用頻度や距離が違うんだからあてにならないじゃないか…とも考えてしまいますね。

スタッドレスタイヤの寿命は上記にも書いたとおり、経過年数や保管、運転の仕方によるタイヤの硬さやすり減る具合によって変化しています。

走行距離もタイヤの状態が変化することも一つの要因とも言えますが、他のいろいろな条件が重なってタイヤの状態を作り出しているので距離だけではタイヤの寿命を判断するのは難しいでしょう。

やむを得ず運転する機会もあるとは思いますが、身の安全を考えると雪が降った日や路面が凍った日は、外出を控えてコタツでぬくぬくして疲れた体を休めるのがグッドです。

スポンサードリンク


スタッドレスの寿命の溝は?

スタッドレスタイヤには凹凸がありまますね。

この凹凸の凸の部分がすり減ってくると、タイヤの寿命だという事をお知らせしてくれるプラットフォームがついています。

プラットフォームはタイヤに4か所あり、タイヤをサイドから見たときに「↑」が付いている場所です。

その「↑」をたどってタイヤの路面に接着する部分を見ていくと凹凸の凹の部分にプラットフォームがあります。

新品の時は少し奥の方に見えるものなのですが、寿命の時はプラットフォームが露出してきます。

タイヤの寿命の目安はスリップサインの他に、硬度計という道具でタイヤの硬さを計ることで知ることができます。

タイヤ屋さんや自動車整備のお店などで計ってもらえますので、タイヤ交換のついでに尋ねてみましょう。

まとめ

スタッドレスタイヤの寿命はすり減り具合とタイヤの硬さということがわかりました。

すり減り具合は目視で分かりますが、硬さとなると素人ではパッと分からない領域なので、点検も兼ねてプロにタイヤ交換をお願いしてみるのも良さそうです。

愛車とともにタイヤも大事に扱って、出来るだけ長いお付き合いが出来るようにしてあげましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA