五徳の焦げ付きの落とし方や洗剤やつけ置き方法は?

gotoku souji
頑固な焦げ付き汚れの温床・五徳。

ちょっとほったらかしにすると、知らない間に焦げの上に焦げがかさなっていて、大掃除のときには手がつけられないことに…なんてことになっているあなた。

今回はそんな方にも簡単・きれいにできる五徳のお掃除についてまとめてみました。

スポンサードリンク


五徳の焦げ付きの落とし方

五徳の汚れを落とすポイントは

① 油は浮かせておとす
② 焦げ付きはふやかして落とす

この2点を抑えて掃除すると、簡単・きれいに掃除ができます。

その2点を網羅する簡単お掃除方法はズバリ「煮沸」です。

そしてその煮沸に最も相性のよい洗剤は「重曹」です。

重曹は水溶液にして加熱するとアルカリ性の炭酸ソーダに変わります。

このアルカリ性の炭酸ソーダには油を包み込んで浮かせる、焦げ付きをふやかせる効果があるのです。

また、汚れは高い温度の方が溶けやすく、汚れが早く落ちます。

さらに、洗剤を入れて煮沸した場合は、あまり体に良くないガスが出ていたりする可能性があるのに対し、重曹はそのような心配もありません。

手順としては、鍋に水1リットルにつき重曹小さじ1杯の割合で水溶液を作り、五徳を入れ火にかけ、そのまま5分ほど沸騰させた後、

五徳を取り出して冷ましてから台所洗剤でお皿を洗うように洗うときれいになりますよ。

沸騰した際の泡の吹きこぼれや火傷には十分注意して下さい。

鍋に入らない五徳の場合は、熱湯ソーダに2時間ほどつけ置きでもOKです。

スポンサードリンク


五徳の掃除によく効く洗剤は

五徳についている汚れの原因は焦げ付きと油。

それぞれの汚れ落としにぴったりな洗剤をそれぞれピックアップしてみました。

ご家庭の汚れのタイプに合わせて、是非ご参考にしてください。

① こげとりぱっとビカ

焦げ取りに特化した洗剤なのに、研磨剤を使用せず、五徳を傷つける心配もありません。

しかも使用方法は簡単、五徳にスプレーして一晩放置した後軽くこすって洗い流すだけ。

こんなに良く落ちるのに毒物劇物取締法及び有機溶剤中毒予防規則に非該当な安心・安全な洗剤。

掃除をちょっとサボって大変なことになっている、そんなキッチンにピッタリな洗剤です。

② 業務用アルカリ洗剤 「 速洗力 (そくせんりょく)」

業務用に使用できる洗剤なので、飲食店の頑固な油汚れにも対応できる強力洗剤です。

希釈してつけおきに使うもよし、その場でシュシュッとスプレーして汚れを落とすもよしの万能洗剤。

しかも、業務用なのにパパイヤ・ヤシの実の天然成分配合、苛性ソーダは使用していません。

環境にも体にも優しい強力洗剤です。

五徳をつけ置きする時の洗剤

もっと手軽に汚れを落としたいという方には、洗剤を入れたお水につけ置きするのが一番楽ちん。

以下につけおきにおススめの洗剤をまとめておきましたので、是非参考にしてください。

・ワイドマジックリン 360g 《花王》 つけ置き用粉末洗剤

キッチン周りの洗剤の王道「マジックリン」より、つけ置き洗いにぴったりの粉末タイプがあります。

40度ほどのぬるま湯に適量のマジックリンを入れ、五徳を2時間ほどつけて洗い流すだけでびっくりするほどきれいに汚れが落ちます。

お値段も手ごろで、ドラックストアなどで手軽に購入できるのもうれしいですね

まとめ

五徳の掃除の一番のポイントは「まめに掃除すること」とはいえ面倒くさくてついついほったらかしに・・・というのがやっぱり世の常ですね。

せっかくきれいになったのであれば、これを機会にマメに掃除する習慣をつけてみるのもひとつの手ですね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA